このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

両国観光まちづくりグランドデザイン

更新日:2015年10月5日

 江戸時代から育まれた歴史や文化が多く残る両国は、葛飾北斎ゆかりの地や吉良邸跡、旧安田庭園、回向院、相撲など、観光資源の豊かな地域です。墨田区では、これらの貴重な観光資源を輝かせ、両国らしいまちの賑わいを呼び覚まし、両国地域の魅力の底上げを図ることで、押上・業平橋地区からの回遊性を促し、墨田区のさらなる魅力の向上を図るため、この度、「両国観光まちづくりグランドデザイン」を策定しました。このグランドデザインを基に、「粋に暮らし、粋に(たの)しむまち両国」の実現をめざしていきます。
両国観光まちづくりグランドデザインの実現に向けた取り組みはこちらをご覧ください。

両国観光まちづくりグランドデザイン 概要版

両国観光まちづくりグランドデザイン 本編

■1 両国観光まちづくりグランドデザインの位置づけ
・策定目的
・策定エリア
・本計画の広域的な位置づけ
・両国観光まちづくりグランドデザインの特徴
・墨田区計画における本計画の位置づけと流れ
・検討スケジュール
■2 両国地域の現況 〜数字で見る両国〜
・両国地域の暮らし
・両国地域の産業
・両国地域の交通
・両国地域の観光

■3 両国地域の特性
・両国地域のまちの構造と資源
・両国地域の特性
■4 コンセプトと将来像
・両国観光まちづくりグランドデザインのコンセプト
・両国観光まちづくりグランドデザインの実現イメージ

■5 施策展開と展開のプロセス
・施策展開のテーマと方針
・魅力を引き出す効果的な視点
・施策展開のプロセス
■6 両国観光まちづくりグランドデザインの地域展開
・施策テーマの地域展開
・まち歩きを中心とした地域展開

■7 実現に向けて 〜取り組みの積み上げ〜
・ひとりひとりが主人公の観光まちづくりへ
・両国観光まちづくりの担い手
■8 区民意見と今後の取り組みの方向性
・今後の取り組みに向けた区民等からの意見収集
■9 両国観光まちづくりグランドデザインの目標
・両国観光まちづくりの到達目標
・両国観光まちづくりグランドデザインの波及
■資料編

両国観光まちづくりグランドデザインの実現に向けた計画 概要版

両国観光まちづくりグランドデザインの実現に向けた計画 本編

■第一編 両国観光まちづくりグランドデザインの実現に向けて
1.策定の目的
2.両国観光まちづくりグランドデザインの実現イメージ
3.両国観光まちづくりグランドデザインの実現に向けた計画(全体フレーム)

■第二編 基本方針と地域展開について
1.両国地域の現状と課題
・施策展開のテーマ「両国川開き」における両国地域の現状と課題
・施策展開のテーマ「両国博覧会」における両国地域の現状と課題
・施策展開のテーマ「両国桟敷」における両国地域の現状と課題
2.基本方針と計画スケジュール

3.区分特性に応じた地域展開について
・両国地域の各エリアの特性
・両国地域各エリアの観光まちづくりの方針
・Aエリア関連整備事業
・Bエリア関連整備事業
・Cエリア関連整備事業
・Dエリア関連整備事業

4.重点事業
第三編 実現に向けた進め方
1.観光まちづくりの進め方
2.両国観光まちづくりグランドデザインの到達目標と波及

担当

都市計画部都市計画課
電話:03-5608-1204

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで