よくある質問

フリーワードで検索

検索ヘルプ

検索式を使った検索方法

単一単語検索

調べたい単語を一つ指定するだけのもっとも基本的な検索手法です。

例:会議室
「会議室」という単語を含む文書を検索します。

検索式

検索式と記号の説明
検索式 記号 説明
AND 空白(スペース) 用例 :A 空白(スペース) B (AとBの両方が含まれる検索)
働き : ある単語とある単語の両方を含む文書を検索します。検索結果を絞り込むのに有効です。3つ以上の単語を指定することも可能です。
例 : 会議室 使用料
「会議室」という単語と「使用料」という単語を両方とも含む文書を検索します。
OR | 用例 : A | B (AまたはBが含まれる検索)
働き: ある単語とある単語のどちらかを含む文書を検索します。3つ以上の単語を指定することも可能です。
例 : 会議室 | 研修室
「会議室」という単語を含む文書と「研修室」という単語を含む文書を検索します。
NOT ! 用例 : A !B (Bを含まない検索)
働き : ある単語を含み、ある単語を含まない文書を検索します。3つ以上の単語を指定することも可能です。
例 : 会議室 !住区センター
「会議室」という単語を含む文書で「住区センター」という単語は含まない文書を検索します。
Exact Phrase
(フレーズ検索)
" " 用例 : ”AのB” (“AのB”を正確に検索)
働き : “ ”の間の入力値を単語順や分かち書きを反映してフレーズ検索します。15字内で入力します。
例 : ”会議室の利用方法が変わります”
「会議室の利用方法が変わります」に正確に一致する文字列を含む文書を検索します。
Order Preserving
(順次検索)
[ ] 用例 : [A B] (A Bの並び順通り検索する)
働き : [ ]の間の単語を順次に1回以上含んでいる文書を検索します。3つ以上の単語を指定することも可能です。
例 : [会議室 使用料]
「会議室」と「使用料」を順次に1回以上含んでいる文書を検索します。

条件を指定して検索

検索結果

よく利用されているFAQ

行政分野カテゴリから探す