令和2年度 健康診査一覧

更新日:2020年5月18日

 高血圧症、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病は、ほとんど自覚症状がないため、定期的な健康診査による健康管理が重要です。健康診査は、年齢、加入している健康保険の種類などによって、実施主体、受診方法等が異なります。ご自身の対象となる健康診査をご確認のうえ、毎年受診しましょう。

墨田区国民健康保険「特定健康診査」

対象者

(1) 令和2年4月1日現在、墨田区国民健康保険に加入し、次のア、イに該当する方
 ア 令和2年度中に40歳から74歳までとなる方(昭和21年4月1日から昭和56年3月31日までに生まれた方)
 イ 令和2年度中に75歳になる方のうち、昭和20年7月1日から昭和21年3月31日までに生まれた方

(2) 令和2年4月2日以降に墨田区国民健康保険の加入手続を行った方のうち、令和2年度中に40歳から74歳までとなる方(昭和21年4月1日から昭和56年3月31日までに生まれた方)

※ 健康診査受診日時点でも墨田区国民健康保険に加入している必要があります。

 詳しくは、墨田区国民健康保険「特定健康診査」をご覧ください。

75歳以上の健康診査

対象者

後期高齢者医療制度に加入している75歳以上(一定の障害があると認定された方は65歳以上)の区民

 詳しくは、75歳以上の健康診査をご覧ください。

生活習慣病予防健康診査

対象者

(1) 生活保護を受給している方などで40歳以上(昭和56年3月31日以前生まれ)の区民
(2) 年度途中で墨田区に転入した方、加入している健康保険の変更があった方など、制度上、他の健康診査を受けることができない40歳以上(昭和56年3月31日以前生まれ)の区民
 詳しくは、生活習慣病予防健康診査をご覧ください。

被用者保険特定健康診査

 健康保険組合・全国健康保険協会(協会けんぽ)・共済組合などのいわゆる社会保険や国民健康保険組合に加入している方(扶養されている家族も含む)で、令和2年度中に40歳から74歳までとなる区民の方(昭和21年4月1日から昭和56年3月31日までに生まれた方)は、区の健康診査は受けられません。勤務先の定期健診やご加入の保険者が実施する特定健康診査、人間ドック等を受けてください。

詳しくは、勤務先またはご加入の保険者にお問い合わせください。

その他の健康診査

 そのほか、区の実施する健康診査は以下のとおりです。 

40歳未満の方の健康診査

保健センターで健康診査を実施します。
16歳から39歳の方の健康診査(若年区民健診)
対象:16歳から39歳までの区民(申込制)

小規模事業所健診(有料)

従業員10人以下の墨田区内事業所に勤める方が対象の労働安全衛生法に基づく健康診断です。
詳しくは、小規模事業所健診(有料)をご覧ください。

お問い合わせ

このページは 保健計画課 が担当しています。