このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. すみだの旬な話題
  4. すみだ子どもPR大使5期生を任命しました!
本文ここから

すみだ子どもPR大使5期生を任命しました!

ページID:154655565

更新日:2022年4月29日

子どもたちならではの目線で、すみだの魅力を発信していきます

 区では、子どもの感性や視点を通して、墨田区の魅力を発信してもらうことで、シビックプライドの醸成を図り、地域の発展に関わる区民を増やし、自身の地域への愛着をさらに深めてもらうため、平成 29 年度から「すみだ子どもPR大使」を任命しており、今回で5期目となる。
 本日、墨田区役所(墨田区吾妻橋 1-23-20)で伝える力をみがくワークショップ『みんながスターだ。ヒーローインタビュー!』を実施し、地域のクリエイター小川道和氏、紙芝居士のちっち氏から取材のコツ等を学んだ。参加者は、区内在住の小学校3年生~6年生の児童20名(男子9名、女子11名・4期生10名、5期生10名)。インタビュアー役とヒーロー役の2人一組になり、「もし・・・になったら?」というテーマで、「作家」や「金メダリスト」など、なりたい自分を思い描いてインタビューを体験した。
 そして、PR 大使として初めての仕事は、恒例の山本区長へのインタビュー。子どもたちならではの目線で、「区長という仕事を選んだきっかけは?」「今ハマっているものは?」など熱心に質問を投げかけた。ワ
ークショップに参加した子どもたちからは、「大きな声で、目を見て話すことの大切さが分かった」といった声が聞かれた。
 ワークショップ終了後には、すみだ子どもPR大使5期生の任命式が行われ、修了した子どもたちに任命証の授与、記念撮影などが行われた。区長は「すみだの未来を担う子ども達が熱心に取り組んでくれて大変
うれしい。これから、大人が気付かないすみだの魅力をたくさん見つけて、どんどん PR してほしい。活動を通して、自分の暮らすまち“すみだ”に愛着や誇りを持ってもらいたい。」と激励した。5期生に任命さ
れた子どもたちは、「区長にインタビューができて嬉しかった」、「とてもやりがいがあって、これからの活動がとても楽しみ」と意気込んでいた。5期生は、先輩大使の4期生とともに、今後、「すみだまつり・こどもまつり」をはじめとした区のイベントなどに出席し、区の魅力を発信していく予定。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader(新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。