このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

墨田区が株式会社セブン−イレブン・ジャパンと「地域活性化に向けた包括連携協定」を締結!

更新日:2020年2月26日

 2月21日(金曜日)、区は株式会社セブン−イレブン・ジャパン(本社:千代田区二番町8番8号、代表取締役:永松 文彦)と「地域活性化に向けた包括連携協定」を締結した。これは、区と同社の特性や資源を活かした連携・協働により、地域の一層の活性化と区民サービスの向上を図ることを目的として締結するもの。
 本協定を基に、今後区と同社は、相互に連携を強化し、区の課題である健康寿命の延伸に向け、セブンイレブン独自の商品力と、区の広報媒体による情報発信を掛け合わせて、区民の野菜摂取を推進する取組を実施する。また、高齢者支援として、認知症サポーターの配置拡大や、アクティブシニアの雇用に関する連携も図っていく。
 午後2時、区役所で墨田区長・山本 亨と株式会社セブン−イレブン・ジャパン オペレーション本部東東京ゾーン江戸川西地区ディストリクトマネージャー・小林 誠がそれぞれ調印し、協定書を取り交わした。墨田区長は、「本協定を基にお互いの強みを活かして、課題解決に取り組み、地域力日本一のまちをめざしていきたい。」と話した。
 なお、区と同社は、平成28年3月25日に、「地域見守り活動に関する協定」を締結。買い物に困っている地元高齢者への宅配サービスを通じて、見守り活動を行っている。

協定締結の様子1

協定締結の様子2

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

防災・安全安心情報

すみだの旬な話題

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで