このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. すみだの旬な話題
  4. ロンドン2012オリンピック競技大会 金メダリスト 村田 諒太 選手から熱いメッセージが届きました!
本文ここから

ロンドン2012オリンピック競技大会 金メダリスト 村田 諒太 選手から熱いメッセージが届きました!

ページID:631064128

更新日:2020年8月13日

東京2020オリンピック競技大会まであと1年

 新たな大会日程で迎える東京2020オリンピック競技大会(以下、東京2020大会)は、7月23日で1年前の節目の時期を迎える。 墨田区では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、競技体験や展示などの観客を集めるようなイベント等を自粛しているところであるが、東京2020大会に向けた気運を低下させることなく、大会の成功に向けた取組みを推進している。
 墨田区と一般社団法人日本ボクシング連盟は、2019年12月に「東京2020大会を契機としたボクシングを通じた取組みの連携協力に関する協定」を締結している。この協定は、東京2020大会でボクシングが墨田区内を競技会場として実施されることから、積極的な連携協力を図ることにより、東京2020大会を契機としたボクシングの普及啓発等を図ることを目的としている。その一環として、ボクシング競技の日本代表内定選手(男子4階級、女子2階級)を区を上げて応援するため、写真とプロフィールをホームページに掲載し、東京2020大会に向けた各選手の意気込みなどを発信している。 明日7月22日(水曜日)からは、ロンドン2012オリンピック競技大会ミドル級金メダリストで現WBA世界ミドル級世界王者である村田 諒太 選手から、墨田区民と代表選手に向けて送られた応援メッセージ動画を掲載する。
 村田選手からは、ボクシング競技会場になる墨田区内の両国国技館や区民、日本代表内定選手に向けた熱い想いが語られ、「コロナウイルス感染症に負けず、みんなで力を合わせて頑張りましょう。」というメッセージで締め括られている。 今後も、競技会場や競技日程が発表されるなど、大会に向けた準備が着実に進んでいく中、区オリンピック・パラリンピック室のホームページも検索カテゴリを増やすなどリニューアルしていく。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader(新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

すみだの旬な話題

注目情報