このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. すみだの旬な話題
  4. 日本板硝子株式会社、日本板硝子ビルディングプロダクツ株式会社が防災防犯ガラスを墨田区に寄贈!
本文ここから

日本板硝子株式会社、日本板硝子ビルディングプロダクツ株式会社が防災防犯ガラスを墨田区に寄贈!

ページID:474984399

更新日:2021年7月23日

利用者の皆さんの安心のために

 墨田区は、日本板硝子株式会社(東京都港区三田三丁目5番27号)・日本板硝子ビルディングプロダクツ株式会社(千葉県市原市姉崎海岸6)から防災防犯ガラス「ラミペーンシェルターTM」23枚の寄贈を受けた。3月3日(水曜日)に、日本板硝子株式会社 執行役員の宮之本 昭二氏が墨田区役所(吾妻橋一丁目23番20号)を訪れ、山本 亨墨田区長 に目録を手渡した。
 この、「ラミペーンシェルターTM」は、合わせガラスとなっており、優れた耐貫通性能と飛散防止性能を有している。強風でものが飛来しても中間膜が貫通を妨げ、破損したガラスを飛び散りにくくするため、災害避難場所等の建物の防災対策用途をはじめ、一般住宅での防犯・防災用としても使用拡大が想定されている。
 寄贈された防災防犯ガラスは、文化交流等の場としても広く利用されている曳舟文化センターの一角に設置された。なお、今後、区とセンターの指定管理者との間で、災害時における応急対策活動への協力に関する協定を締結し、施設の一時利用などについて検討していく予定となっている。

贈呈式写真

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader(新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

すみだの旬な話題

注目情報