このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. すみだの旬な話題
  4. 「花の植替えボランティア」講習会を開催!
本文ここから

「花の植替えボランティア」講習会を開催!

ページID:389135937

更新日:2020年12月3日

東京スカイツリー周辺を訪れる人を美しい花々でおもてなし

 本日、隅田公園そよ風ひろば(向島1丁目3番付近)で、「花の植替えボランティア」や「緑と花のサポーター」の約30名が、20基のハンギングバスケットと40基のプランターへ花の植替えを行った。本講習会は平成25年度から年3回行われ、区民を対象に募集した「花の植替えボランティア」が東京スカイツリー周辺に設置しているハンギングバスケットやプランターを使い、花の植替え方法の基本を学ぶもの。
 午前10時、すみだを花いっぱいの潤いのあるまちにしようと参加者が隅田公園そよ風ひろばに集合。集まった参加者は、手袋やエプロンを着け、5グループに分かれた。参加者は「緑と花のサポーター」からアドバイスを受け、はじめにハンギングバスケットに花の植替えを行った。青空にぴったりの黄色い花“パンジー”や常緑のつるが特徴の“ヘデラ”を立体感のある半円型に植替えを行った。ハンギングバスケットが完成すると「いつまでもきれいに咲いてね」と花に込めたの想いや、「コロナに負けるな!」、「コロナで疲れた心に癒しを」、「オリンピックを成功に!」などの希望に満ちたメッセージカードを作成。終始和やかな様子で実施した。次に、色鮮やかな“プリムラ”をプランターに丁寧に植替え。参加者はみな楽しみながら花の植替えを行った。
 参加者の笑顔満開となった講習会は正午に終了。メッセージカードが添えられたハンギングバスケットは、東京スカイツリー周辺に設置され、次回の講習会が開催される来年4月中旬頃まで楽しむことができる。明日も午前10時から隅田公園そよ風ひろばで同講習会が行われる。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader(新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

すみだの旬な話題

注目情報