このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. すみだの旬な話題
  4. 墨田区ゆかりの選手やホストタウン国を紹介!
本文ここから

墨田区ゆかりの選手やホストタウン国を紹介!

ページID:161614508

更新日:2021年2月15日

東京2020オリンピックまで、あと200日

 墨田区では、新年を迎えた、令和3年1月4日に東京2020オリンピック競技大会まであと200日という節目の時期を迎えることから、墨田区ゆかりの選手や大会を契機にホストタウン登録を行った(令和2年10月30日登録)ボリビア多民族国を紹介したパネルや貴重な品々の展示を行う。

 今回の展示では、区と連携協力の協定を締結している「一般社団法人日本ボクシング連盟」の協力を得て、墨田区が競技会場となっている「ボクシング競技」の日本代表男子4名と女子2名の選手の紹介パネルと国内チャンピオンとして、オリンピックの出場を賭けた2020東京オリンピックアジア・オセアニア大陸予選に出場した選手に贈られたチャンピオンベルトの展示を行うほか、区内の小中学校を卒業し、現在も墨田区在住で東京2020大会出場を目指し日々挑戦を続けている「パワーリフティング競技」の「三浦 浩選手」の紹介パネルとこれまでに獲得したメダルなどの展示も行うなど、選手の皆さんのこれまで貴重な努力の軌跡に触れることができる内容となっている。

 この他にも、東京2020大会を契機にホストタウン登録を行った「ボリビア多民族国」の紹介パネルや在日ボリビア大使館等の協力により民族衣装や民芸品でユネスコ世界無形文化遺産である「エケコ人形」の展示も予定されている。

 担当者は、「感染症の影響で選手とのふれあいや体験イベント等の実施が難しい中、大会本番に向けて区を挙げてゆかりの選手やホストタウン国を応援しようと展示会を企画しました。今まで知らなかった選手たちのプロフィールや大会に向けた想い、ボリビア多民族国のあれこれを知ることができるため、ぜひ多くの方に見ていただきたいです。」と話している。
 区では、今後も様々な機会を捉えて多くのゆかりの選手等の紹介を行っていく予定である。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader(新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

すみだの旬な話題

注目情報