このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. すみだの旬な話題
  4. 令和3年度すみだ子どもPR大使募集!
本文ここから

令和3年度すみだ子どもPR大使募集!

ページID:261123419

更新日:2021年8月8日

その好奇心ですみだのまちを元気リポート

 墨田区は、今回、4期生となる令和3年度すみだ子どもPR大使の募集を本日(令和3年3月18日)からスタートする。
 すみだ子どもPR大使は、子どもの感性・視点を通して“すみだ”の魅力を区内外に発信。地域の発展に関わろうとする区民を増やすとともに、その活動を通して自身の地域への愛着をさらに深めてもらうことを目的にしている。
 対象は、墨田区内在住の令和3年度小学3年生から5年生までの児童。4月の「表現力をみがくワークショップ」修了後、墨田区長より任命される。任期は令和4年3月31日まで。
 任命後は、環境・防災・文化芸術など区の様々な事業を体験・取材して、区公式Facebookをはじめとした区の媒体などで情報発信を行い、“すみだ”の魅力を伝える活動を行っていく。
 令和2年度すみだ子どもPR大使(2・3期生)は12名。コロナ禍でも、在宅中に楽しめる「すみだ水族館コラボの生き物動画」、PR大使を模したマネキンが高齢者施設へ出張し、利用者へ宝物についてリモートインタビューした「アバター企画」、区内で活動する大学生から学んだ「防災観光ふろしきワークショップ」など、たくさんの方々と交流しながら精力的にPR活動を行ってきた。
 区の担当者は、「昨年は、新型コロナの影響で新しい大使の募集が出来ませんでしたので、約2年ぶりの募集になります。また、PR大使の活動の幅が非常に増えていて、学校生活では味わえない体験もできます。ぜひすみだのまちを元気にリポートしたいという方は、ご応募ください。」と意気込んでいる。
 令和3年度も、すみだ子どもPR大使が、すみだのまちをもっと元気にするため、“すみだ”の魅力を発信していく。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader(新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

すみだの旬な話題

注目情報