このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. すみだの旬な話題
  4. ロンドン2012・リオ2016パラリンピック競技大会連続出場の三浦 浩 選手から熱いメッセージが届きました!
本文ここから

ロンドン2012・リオ2016パラリンピック競技大会連続出場の三浦 浩 選手から熱いメッセージが届きました!

ページID:698873760

更新日:2020年8月30日

東京2020パラリンピック競技大会まであと1年

 新たな大会日程で迎える東京2020パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)は、8月24日で1年前の節目の時期を迎える。
 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、競技体験や展示などの観客を集めるようなイベント等が行えない中、墨田区では東京2020大会に向けた気運を低下させることなく、大会の成功に向けた取組みを推進している。

 三浦 浩 選手は、墨田区立第三吾嬬小学校・寺島中学校を卒業し、現在も墨田区在住の本区にゆかりのあるアスリート。「生涯現役、体が動く限り挑戦し続ける。」を掲げている。

 仕事中の事故により下半身不随となり、2004年アテネパラリンピックの記事を読んだことをきっかけにパワーリフティングと出会い、2012年ロンドンパラリンピックに初出場し9位。2016年のリオパラリンピックでは日本最高順位の5位入賞を果たし、墨田区民スポーツ栄誉章特別賞を受賞した。東京2020大会では、パワーリフティングで日本人初のメダルに期待がかかっている。

 このたび、三浦 浩 選手から、東京2020大会に向けたアスリートの想いと、墨田区民と迎える東京2020大会の成功に向けた熱いメッセージが届いた。
 東京2020パラリンピック競技大会まであと1年。墨田区はアスリートが真に輝く競技大会になるように、本区ゆかりのアスリートを応援していく。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader(新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

すみだの旬な話題

注目情報