このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

墨田区洪水・都市型水害ハザードマップと立体地形図

更新日:2014年11月25日

 墨田区では、荒川はん濫又は局地的な集中豪雨による浸水状況を想定した「墨田区洪水・都市型水害ハザードマップ」を作製しました。
 万一の水害に備え、避難場所の確認や、非常用の持ち出し品の準備等にお役立てください。
 
 また、都市整備課では墨田区周辺の地形を縮小・再現した東京東部低地帯立体地形図も閲覧することができます。

墨田区洪水・都市型水害ハザードマップ

情報面

 情報面には、大雨や洪水に関する気象警報と注意報の種類、大雨が降ってきた場合にとっていただきたい行動、避難する際の注意点、災害情報の収集方法等を掲載しています。

地図面

 地図面の左側には荒川がはん濫した場合の浸水想定と避難場所、右側には局地的な集中豪雨が発生した場合の浸水想定と避難場所を掲載しています。

※水害時避難場所「12.旧木下川小学校」は、「12.社会福祉会館」に変更になりました。
 また、学校名称の変更に伴い、水害時避難場所名称が一部変更されました。

 
 このハザードマップは区役所1階(区民情報コーナー)、9階(都市整備課都市整備担当)、10階(土木管理課土木管理担当)及び各出張所で配布しています。

東京都東部低地帯立体地形図

 東京東部低地帯立体地形図は「東京高潮対策促進連盟」が作成したもので、実際の地形を立体的に確認することができます。この地形図の閲覧を希望される方は、区役所9階、都市整備課都市整備担当の窓口で係員にお申し付けください。

【問合せ先】
都市整備課都市整備担当
電話:03-5608-6290

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは都市整備課が担当しています。

本文ここまで