このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

墨田区水害ハザードマップと海抜表示板

更新日:2018年6月1日

墨田区水害ハザードマップ

 水害ハザードマップとは、水害の危険性、避難に関する情報等をまとめたもので、区民の皆様の日常的な備えや水害時の避難に活用するものです。 
 墨田区では、荒川が氾濫した場合及び局所的集中豪雨に伴う雨水出水(都市型水害)が発生した場合に想定される浸水の深さ、浸水の継続時間等を冊子と地図でまとめた「墨田区水害ハザードマップ」を作成しました。

 このハザードマップは区役所1階(区民情報コーナー)、9階(都市整備課)及び各出張所で配布しているほか、以下のリンクからダウンロードできますので、水害発生時の避難場所の確認や非常用持出品の準備などにお役立てください。

冊子

地図

浸水想定区域の公表

 平成27年5月の水防法改正により、想定される最大規模の降雨及び高潮が発生した際の浸水想定区域を河川管理者が公表することになりました。

荒川が氾濫した場合の浸水想定区域

 荒川の河川管理者である国土交通省は、平成28年5月に、想定される最大規模の降雨(荒川流域の72時間総雨量632ミリメートル)を基にした「荒川水系荒川洪水浸水想定区域図」を公表しました。

※詳細は、国土交通省のホームページをご覧ください。

高潮が発生した場合の浸水想定区域

 東京都は、平成30年3月に、東京湾沿岸において想定される最大規模の高潮(上陸時の中心気圧910ヘクトパスカル、最大旋衝風速半径75キロメートル、移動速度毎時73キロメートルの台風による高潮)を基にした「東京都高潮浸水想定区域図」を公表しました。

※詳細は、東京都のホームページをご覧ください。

海抜表示板

 墨田区では、区民の皆様の日常的な水防意識の啓発・向上を図ることを目的として、区内の学校や公園等に海抜表示板を設置しています。この海抜表示板は、洪水時の浸水深ではなく設置場所の海抜(標高)を表しています。

 区内の海抜表示板の設置位置及び海抜は、以下のリンクから確認できます。

【問合せ先】
 都市整備課
 電話:03-5608-6290

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは都市整備課が担当しています。

本文ここまで