このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. 健康・福祉
  4. 地域の福祉・その他
  5. 地域福祉
  6. すみだ地域福祉・ボランティアフォーラム
  7. 過去に開催した「すみだ地域福祉・ボランティアフォーラム」
本文ここから

過去に開催した「すみだ地域福祉・ボランティアフォーラム」

ページID:270790668

更新日:2021年9月10日

過去に開催した「すみだ地域福祉・ボランティアフォーラム」を紹介します。

令和3年度〈本当はみんなつながりたい ~コロナ禍で、私たちにできることって何だろう?~〉

コロナ禍での地域福祉のこれからは?
新型コロナウイルスの影響でつながることが難しくなっている今、つながり方や情報の伝え方について参加者の皆さんと考えました。

参加者

約100名

内容

講演

「頼みの綱は、地域の力」
講師:小柴 徳明 氏(富山県黒部市社会福祉協議会)

グループディスカッション

新型コロナの状況を踏まえたつながり方、情報の伝え方とは何か?

令和元年度 〈つながる地域のボランティア ~心を伝えあえるまち~〉

課題を抱えていることで地域の中で孤立しがちな方々に、どうすればメッセージが届くでしょう?
思いを伝えるために自分にできることは何かをみんなで一緒に考えました。

参加者

約200名

内容

講演

「思いを伝える ~災害ボランティア活動の現場から~」
講師:高山 弘樹 氏(群馬県榛東村社会福祉協議会)

分科会

「地域で共に生きていくために ~私にできること~」
 第1分科会:障害のある方とのコミュニケーション
 第2分科会:やさしい日本語がつなぐ多文化共生社会
 第3分科会:地域福祉は伝えあう思いから

平成30年度 〈縁が育む 地域の力 ~町会・自治会とボランティア~〉

防災、孤立死、子育ての悩み…。
地域の課題を解決するのは地域の力、まさに「頼れるのは近くの他人」です。
町会・自治会などの地域の縁、ボランティア活動を通じての縁など、縁を育んで地域力をアップするにはどうすればいいか、参加者の皆さんと考えました。

参加者

約160名

内容

  • 活動事例紹介 「アイデア次第で地域力アップ!~町会・自治会とボランティアがつなぐ人の縁」
  • グループディスカッション 「地域力アップのアイデアを出し合おう」
  • 発表会 「アイデア・ヒントを共有しよう」

平成29年度 〈地域力でつくる 支えあいのまち ~人と人とのつながりで困りごとを解決しよう~〉

今、地域の中では様々なことで困っている人がいます。
様々な困りごとについて課題を共有し、参加者の皆さんと意見交換をしながら、地域の力、ボランティアの力で解決できることを分科会に分かれて探りました。

参加者

約160名

内容

全体会

「地域の中にはこんなことで困っている人がいる」

分科会

「地域の居場所を支えるボランティア~地域の拠点でみんなを笑顔に~」
「子どもたちの育ちを支えるボランティア~子育て拠点で困りごと解決!~」
「新しい私がはじまるボランティア~ボランティア入門編~」
「住み慣れた地域での暮らしを支えるボランティア~高齢の方も、障害のある方も安心して暮らし続けるために~」

発表会

「地域力でつくる 支えあいのまち」

平成28年度 〈災害に備えるまちづくり ~地域福祉を支えるプラットフォーム~〉

全国各地で発生している災害。もし、今、墨田区で災害が発生したら、あなたはどうしますか?
東日本大震災で被災された仙台市の地域福祉活動にかかわってこられた皆さんから被害に直面した時に災害以前から取り組んできたことがどう役に立ったかを中心に、住民同士の連携被災者支援の取り組みについてお話しいただき、参加者の皆さんと「今からできること」を話し合いました。

参加者

約200名

内容

  • 第三次 墨田区地域福祉計画<後期>の紹介
  • 被災地・仙台からの報告 「震災前からの取組と震災後の被災者支援」
  • グループディスカッション 「その時のために 今できること ~みんなで話そう~」

平成27年度 〈地域を支えるボランティアの輪をひろげよう〉

元NHK福祉ネットワークキャスターの町永俊雄氏から、これからの地域福祉のあり方、方向性を「世代間交流-住民参加」の取り組み例や東日本大震災で被災した中学生の言葉などの映像を交えてわかりやすくお話しいただいた後、実践例としてさんあずサロン(拠点型ふれあいサロン)の紹介を聞き、参加者の皆さんと「あったらうれしい地域の取組」について意見交換しました。

内容

  • すみだボランティアセンター開設30周年記念式典
  • 講演会 「地域福祉を創る~自分らしく暮らすために~」
  • 地域活動事例紹介 「さんあずサロン(拠点型ふれあいサロン)」
  • フォーラムディスカッション「あったらうれしい地域の取組」~みんなで話そう~

平成26年度 〈笑顔につながるはじめの一歩〉

「自分たちの地域をよくしていくのは自分たちなのだ」という強い意識をもって活動した先人たちの話と、現在、地域の輪をひろげるための活動をされている皆さんのお話を聞き、分科会に分かれて参加者の皆さんと様々な課題について意見交換しました。

内容

  • プレトーク「すみだの地域社会を作った先人から何を学ぶか」
  • パネルディスカッション 「地域の《わ》をひろげよう」
  • ボランティア活動紹介・体験タイム
  • 分科会
    (1) 子どもたちが豊かに育つまち ~新しくなる子育て支援制度の中で~
    (2) 誰もが安心して暮らせるまち ~高齢者を支える取り組みをきっかけに~
    (3) 聞いて話してつながろう ~ワールドカフェ型広場~
  • 両国中学校吹奏楽部 ミニコンサート
  • 総括

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader(新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは厚生課が担当しています。

すみだ地域福祉・ボランティアフォーラム

  • 過去に開催した「すみだ地域福祉・ボランティアフォーラム」

注目情報