財政白書

更新日:2019年11月7日

本区の財政状況は、ここ数年の人口増加による納税義務者数の伸びや、景気の回復基調を背景に特別区民税などの歳入の伸びが続いています。加えて、これまでの行財政改革の推進により、区財政は一歩ずつですが好転に向かっています。
しかし、今後の区財政の課題として、歳出面では子育て支援施策の充実や高齢化の進展に伴い、福祉関係経費の増加等が引き続き見込まれるとともに、歳入面においても国による法人住民税のさらなる国税化などにより今後も区は減収を強いられ、将来にわたる区財政への大きな影響が懸念されています。
墨田区基本計画に掲げる目標達成に向けて、各種施策を着実に推進するためには、中長期的な展望に基づく財政面の裏付けが不可欠であり、景気動向の変化にも柔軟に対応できる安定的かつ強固な財政基盤を築いていく必要があります。
本白書は、区民の皆さんと区財政についての情報を共有し、今後の区財政のあり方について共に考えていくための基礎資料とするために作成しました。
本区では、これまでも、民間活力の活用や公共施設マネジメントの推進に基づく適正な財産管理などの行財政改革に取り組んでまいりましたが、本白書に掲げた課題の解決に向けて、これからも、より一層の行財政改革に取り組んでまいります。

お問い合わせ

このページは 財政担当 が担当しています。