このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

みんなにやさしい「あんしんバリアフリーマップ」

更新日:2017年8月18日

 高齢者、障害者、乳幼児を連れた方などが安心して外出し、行動範囲を広げられるように、区の施設、その他の公共施設、駅、民間施設等のバリアフリーに関する情報をお知らせします。
 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。みんなにやさしい あんしんバリアフリーマップ(別ウィンドウで開きます)(外部サイト)

 また、視覚障害者のために、地図などの画像ではなく「ことば」による道案内を行っています。
 視覚障害者のための、ことばの道案内(墨田区版)

※提供している情報は、随時追加・修正しておりますが改修等により変更になっている場合があります。情報が違っていた場合は、修正いたしますのでバリアフリーマップ担当までお知らせください。 

掲載施設について

区の施設、その他の公共施設、駅、民間施設等のバリアフリー状況の情報を掲載しています。
平成23年4月1日の掲載開始時点の施設数は、次のとおりです。

  • 区の施設(区役所、出張所、図書館、福祉施設、スポーツ施設、公園等)120施設
  • 駅、民間施設(ホテル、大型商業施設等)、病院、博物館等50施設
  • 合計で170施設掲載しました。今後、順次増やしていきます。

※民間施設について
掲載開始時における民間施設については、区の担当が把握していた区内の大型店舗や施設に対して照会を行い、回答が得られた店舗等を掲載しています。

バリアフリー協力店・協力施設(情報の掲載)の募集について

区が定めた「バリアフリー協力店・協力施設の基準」に該当する施設で掲載を希望する施設を募集します。
掲載を希望される施設は、バリアフリーマップ担当までお申し込みください。

【バリアフリーマップ担当】
墨田区福祉保健部厚生課
電話:03-5608-1163
ファックス:03-5608-6403
メール:KOUSEI@city.sumida.lg.jp

利用上の注意

  • 内容に追加・変更・削除を行うことがあります。
  • 保守等により、利用を休止することがあります。
  • 掲載している地図データ、施設の詳細情報などの関連情報は、実際の状況を保証するものではありません。また、情報のすべてを掲載しているものではありません。
  • 当システムをご利用いただく場合の推奨するOS及びブラウザは以下のとおりです。

  推奨OS:Windows 2000/XP以降
  推奨ブラウザ:Internet Explorer6.0以降
 なお、上記に示していないオペレーティングシステム(MacOS X、Unix、Linux等)やブラウザ(Mozilla等)でも、正常に動作するものがあります。
 ただし、場合によっては一部に動作しない、または全く動作しないものがあります。

  • 利用により閲覧者に損害を生じても責任は負いかねます。
  • 地図データおよび施設の詳細情報などの関連情報は、適宜更新しておりますが、特定の時点の情報に基づいて作成されているため、現況と異なる場合があります。リンクは自由に設定していただけますが、アドレスは変更の可能性があることをご承知おきください。
  • 本サービスは、本システムが備えている各機能(詳細は機能概要をごらんください。)を、個人としてご利用いただく場合に限って、許諾いたしております。これを逸脱した利用は、本サービス上のさまざまな著作物に関する権利を侵害するおそれがありますので、行わないでください。(著作物のうち地図データについては、地図閲覧規約をごらんください。)

 

墨田区における、その他の「福祉のまちづくり」の取り組み

墨田区では、バリアフリーマップ以外にも、「福祉のまちづくり」に対する取り組みを行なっています。

「心のバリアフリー化」の推進

区では、区民一人ひとりの「心のバリアフリー」化を推進しています。

ユニバーサルデザインのまちづくり

 区では、道路や交通機関、公共施設、民間施設のバリアフリー化を順次進めています。
 さらに、はじめから誰にとっても利用しやすいように配慮した施設や設備を整備するユニバーサルデザイン」の考え方に基づくまちづくりを進めています。

福祉のまちづくり施設整備助成

福祉のまちづくり施設整備助成

東京都区市町村バリアフリーマップ一覧

東京都にある区市町村のバリアフリーマップ一覧です。
東京都のホームページにリンクします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは厚生課が担当しています。

本文ここまで