このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

雨水タンクの設置助成

更新日:2018年10月17日

墨田区が発信した雨水利用は、世界に広がっています。節水にも一役を買う雨水タンク、設置してみませんか?
雨水利用は……

  • まちに小さなダムをつくり、水源を確保します
  • 雨水を貯めるので、都市の洪水防止につながります
  • 災害のとき初期消火の水や生活用水に使えます
  • ヒートアイランド対策として打ち水に使えます

助成を受けることができる方

墨田区内に雨水タンクを設置する方
※以下の方は対象外です
・国、地方公共団体、その他の公共団体
・条例や要綱などにより、雨水タンクを設置する方

各タンクの内容と助成額限度
タンクの種類 説明 内容 助成金の額 助成限度額
地中梁方式貯留槽 マンション等の建設にあたり、建物の地下ピットを雨水貯留槽として活用するものです。主にトイレの洗浄水や散水等に使います。 地下ピットを利用して貯水するもの 1立方メートル当たり助成金額40,000円×雨水タンクの有効貯水量 100万円
中規模貯留槽 1立方メートル以上のいわゆる受水槽のような雨水タンクをいいます。主にトイレの洗浄水や植木への散水に使います。 1立方メートル以上の雨水タンク 1 繊維強化プラスチック(FRP)製、ステンレス製又はコンクリート製のもの
1立方メートル当たりの助成金額120,000円×雨水タンクの容量
30万円
2 高密度ポリエチレン製のもの
1立方メートル当たりの助成金額45,000円×雨水タンクの容量
小規模貯留槽 1立方メートル未満の雨水タンクをいいます。主に植木の散水や道路の水まき等に使います。 1立方メートル未満の雨水タンク 工事費等の経費を含む雨水タンクの価格×2分の1
(消費税等は含みません)
4万円

雨水タンク助成制度 利用者の声

  • 災害時に使えるので安心
  • 水道代が節約できる
  • 思ったより雨水がたまる
  • 水を大切に使うようになった

などの声が寄せられました。

雨水を利用した区の取り組み

墨田区では雨水を利用した「打ち水」の実施を推進しています。
2018年は庁舎前や両国広小路で打ち水を実施し、多くの方々にご参加いただきました。
皆様も雨水をためて、ヒートアイランド対策にも有効な「打ち水」をやってみませんか。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは環境保全課が担当しています。

本文ここまで