このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから
すみだ子育てQ&A
  • 乳児期
  • 1・2歳期
  • 年少期
  • 年中期
  • 年長期
  • 就学直前期
  • 小学校入門期

子どもの自尊心と感性を大切に

更新日:2019年3月8日

最近親の言うことを聞きません

言うことを聞かなくなってきたのは自分なりの考えが出てきている証拠であり、心身ともに自立に向かっている成長の証です。

  • 子どもも一人の人格です。よく話を聞き、考えを尊重することも大事です
  • 兄弟姉妹や他の人と比べる、人前で叱る、けなす、等は子どもの心を深く傷つけます。絶対にやめましょう
  • 子どもの話を聞きその気持ちを理解し、大人の考えもきちんと伝えましょう
  • 子どもの考えに流されるのではなく、毅然とした対応も必要です
  • 命にかかわること、人に迷惑をかけること、人を傷つけるような言動など、社会の中で人として許されない行為は理由を話して毅然とした態度で叱りましょう

   

一口メモ 自尊心と感性を育てるには

子どもの自尊心をさらに育てるために、日常の中で、子どものささやき、発見、しぐさ、感情などに大人が敏感に気づき共感して、子どもの感性を引き出していくことが大切です。さらに、動物とのふれあい、植物の栽培、自然との関わり、絵本の読み聞かせなどは子どもの感性を磨きます。大人と一緒に簡単なお料理に挑戦したり、博物館や音楽会、観劇などに生で触れるような機会を持ち、ワクワクする気持ちに出会わせたいものです。

お問い合わせ

このページは子ども施設課が担当しています。

本文ここまで