このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

1 区議会とは

更新日:2016年10月20日

区議会(くぎかい)とは

区議会(くぎかい)の役割

 墨田区では、区議会議員(くぎかいぎいん)区民の代表として、まちをより良くするために、予算(よさん)(区のお金)や条例(じょうれい)(ルール)などの区の重要な方針を決定しています。
 本当なら、区民全員が集まって話し合うことが望ましいかもしれませんが、26万人もいる墨田区の区民が全員集まることは難しいですから、区民の代表として32人の区議会議員(くぎかいぎいん)を選んで、その区議会議員(くぎかいぎいん)の集まりである区議会(くぎかい)の中で話し合いをしてもらいます。

区議会の役割図

区議会(くぎかい)と区長

 区議会(くぎかい)区長は、お互いに意見を出し合い、議論を重ねながら、区民のために仕事をしています。
 区議会議員(くぎかいぎいん)と区長は対等・平等で、相互にけん制しながら両者の調整が図られます。また、それぞれが住民による直接選挙で選ばれることから、二元代表制(にげんだいひょうせい)といわれています。
 区議会(くぎかい)は、条例(じょうれい)予算(よさん)を定めたり、一定の重要事項について決定する合議体(ごうぎたい)であることから、議決機関(ぎけつぎかん)といわれています。一方で、区議会(くぎかい)議決(ぎけつ)に基づき、自らの判断と責任において行政運営(ぎょうせいうんえい)を行うことから、区長などは執行機関(しっこうきかん)といわれています。

区議会と区長図

お問い合わせ

このページは区議会事務局が担当しています。

本文ここまで