このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

難病医療費助成制度

更新日:2020年5月14日

パーキンソン病、潰瘍性大腸炎、全身性エリテマトーデスなど、国や東京都が指定した難病にり患している方で、一定の要件を満たす方に対し、当該疾病に対する医療等に係る費用について、医療保険等適用後の自己負担分を助成する制度です。

制度の詳細は、以下のページでご確認ください。

難病医療費助成制度の受給者証の有効期間の延長について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、以下に該当する方は、「特定医療費(指定難病)受給者証」の有効期間が1年間延長されます。

  • 国の指定難病の認定患者のうち、特定医療費(指定難病)受給者証の有効期間が令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に満了する方
  • 東京都単独疾病の認定患者のうち、マル都医療券の有効期間が令和2年7月31日で満了する方

上記の方については更新の申請は不要となります。期間延長後の受給者証は令和2年6月下旬以降、有効期間が終了している方から順に東京都福祉保健局から送付される予定です。新しい受給者証が届くまでは、現在お持ちの受給者証を使用して受診することができます。
詳細については、東京都福祉保健局のホームページをご確認ください。

申請相談窓口

〈参考〉心身障害者福祉手当(区制度 担当:障害者福祉課 障害者給付担当)

難病医療費助成が認定された方は、心身障害者福祉手当の対象になる可能性があります。
制度の詳細は、以下のページでご確認ください。

お問い合わせ

このページは向島保健センターが担当しています。

本文ここまで