このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

B型・C型肝炎ウイルス検診(無料)を実施しています

更新日:2018年12月6日

 墨田区では、16歳以上の区民の方を対象に、区内の指定医療機関で無料受診できる「B型・C型肝炎ウイルス検診」を実施しています。
 B型やC型の肝炎ウイルスに感染していても、症状が現れにくいため、知らないうちに慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんに進行してしまうことがあります。
 特に40歳以上の方は、過去、気づかぬうちに肝炎ウイルスに感染しているおそれがあります。
 しかし、検診により感染が早期に発見できれば、適切な健康管理・治療で、肝炎が悪化するのを防ぐことが可能です。
 肝炎ウイルスに感染しているかどうかは、血液検査で判断します。採血だけなので短時間で済み、また、数週間で検査結果をお知らせできます。まだ1度も検査を受けたことのない方は、積極的に受診してください。

ウイルス肝炎とは

 ウイルスにより引き起こされる肝炎をウイルス肝炎といいます。種類によってB型肝炎、C型肝炎等と呼ばれます。
 B型、C型肝炎のウイルスは、慢性肝炎や肝硬変を引き起こす場合があり、さらに肝臓がんに進行することもあります。
 東京都内には、B型及びC型肝炎のウイルスに感染している人が20万人から30万人いると推定されています。しかし、感染の原因が不明で、感染していても自覚症状がないことも多いため、感染が発見されていない人が多く存在します。

ウイルス性肝炎の基礎知識

対象者等

対象者

16歳以上の区民の方(過去に肝炎ウイルス検査を受けた方は対象になりません。)

費用

無料

受診場所

区内指定医療機関

受診方法

受診票・実施医療機関名簿・説明文を郵送します。
実施医療機関へ事前に予約をして、必ず受診票を持参のうえ受診してください。

申し込み先

すみだ けんしんダイヤル 電話:03-6667-1127

受付時間 午前9時から午後6時まで(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)

※「すみだ けんしんダイヤル」へ電話をおかけになるときは、電話番号を今一度お確かめのうえ、お間違えののないようお願いいたします。        

問い合わせ先

保健予防課 電話:03-5608-6191

B型・C型ウイルス肝炎治療医療費助成制度

B型・C型ウイルス肝炎で、インターフェロン治療及びB型肝炎の核酸アナログ製剤治療をされる方は、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都のホームページ(外部サイト)でご確認ください。

問い合わせ及び申請書提出先

向島保健センター 東向島五丁目16番2号
本所保健センター 東駒形一丁目6番4号

肝がん・重度肝硬変医療費助成制度(肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業)

B型・C型の肝炎ウイルスによる肝がん・重度肝硬変の入院治療にかかる医療費の一部を助成するとともに、肝がん・重度肝硬変の治療研究を促進するための制度です。詳細につきましては、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都のホームページ(外部サイト)でご確認ください。

問い合わせ及び申請書提出先

向島保健センター 東向島五丁目16番2号
本所保健センター 東駒形一丁目6番4号

出産や手術での大量出血などの際に、血液から作られた医薬品(フィブリノゲン製剤・血液凝固第9因子製剤)の投与によりC型肝炎ウイルスに感染した方へ 給付金の請求期限が2023年(平成35年)1月16日に延長されました

平成29年12月15日にC型肝炎特別措置法の一部が改正され、給付金の請求期限が2023年(平成35年)1月16日に延長されました。この給付金につきましては、下記の問い合わせ先にお尋ねいただくか、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。出産や手術での大量出血などの際に、血液から作られた医薬品(フィブリノゲン製剤・血液凝固第9因子製剤)の投与によりC型肝炎ウイルスに感染した方へのお知らせ(厚生労働省ホームページ)(外部サイト)をご覧ください。

問い合わせ先

・厚生労働省フィブリノゲン製剤等に関する相談窓口
 フリーダイヤル 0120-509-002
 受付時間 午前9時30分から午後6時まで(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)

・独立行政法人医薬品医療機器総合機構
 フリーダイヤル 0120-780-400
 受付時間 午前9時から午後5時まで(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)

 フリーダイヤルは、携帯電話、公衆電話からもご利用いただけます。
 

参考リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは保健予防課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

肝炎に関すること

  • B型・C型肝炎ウイルス検診(無料)を実施しています

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで