このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

粗大ごみ

更新日:2019年8月1日

ご家庭内でご使用になった家具やふとん、自転車など、一辺の長さが30センチメートル以上のものは粗大ごみになり、有料での収集となります。
粗大ごみ受付センターに申込みをしてから、「有料粗大ごみ処理券」をお買い求めください。すみだ清掃事務所では受付けできません。
また、ご自身で粗大ごみを持ち込みたい場合は、日曜日に限り自己持込みの制度(有料)があります(申請方法は電話での申込みのみとなります)
申し込みの際にご確認ください。

粗大ごみの計画的な排出と減量にご協力ください。

粗大ごみの排出量が年々増加傾向にあります

可燃ごみや不燃ごみの排出量が年々減少傾向にある反面、粗大ごみの排出量は年々増加傾向にあります。

粗大ごみ排出量の推移グラフ
粗大ごみ排出量の推移

連休前や週明けは特に粗大ごみ受付センターへの電話が集中し混雑するほか、申し込みから収集までの間に時間を要する状況になっております。
ご理解とご協力をお願いします。

粗大ごみを出す前、新しい家具や家電製品を購入する前にもう一度考えましょう

各家庭で不要になってしまった家具や家電製品があっても、ごみを出す前に以下のことを考えてみましょう。

  • 自転車については、「自転車の海外供与等のリユース・リサイクル事業」に申し込む
  • 修理して使う
  • 繰り返し使えるものを選ぶ
  • リサイクルショップを使用する
  • フリーマーケットを利用する
  • 一時的にしか使わないものは、レンタル品・リース品を利用する
  • 耐久性のある商品を選ぶ
  • 友人や知人に譲る
  • インターネットなどで引き取り先を探す

まだ使える家具や家電製品など、それを必要としている人がいます。

ご利用までの流れ(電話での申込み方法)

1. 電話をする前に

処分したいものの大きさや重さを確認してください。

(例)

  • タンス、棚、箱物家具:高さと幅の長さ
  • テーブル:天板の縦と横の長さ
  • マッサージ機:種類(全身用、足用など)、重さ

2. 粗大ごみ受付センターに電話をする

担当者から手数料と回収日の案内があります。

3. 回収日までに

有料粗大ごみ処理券を墨田区内の取扱店(コンビニエンスストア等)で購入し、処理券に必要事項を記入して粗大ごみに貼り付けてください。

4. 回収日当日

朝8時までに所定の排出場所に出してください。

申込み方法

申込み先

粗大ごみ受付センター

電話での申込み

電話:03-5296-7000
※電話番号をお確かめのうえ、お掛け間違いのないようお願い申し上げます。

月曜日から土曜日の午前8時から午後7時まで受け付けています。
祝日も受け付けています(年末年始は除きます。)。

インターネットでの申込み

アドレス:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。http://sodai.tokyokankyo.or.jp/(外部サイト)

24時間受け付けています(メンテナンス時は除きます。)。
料金の検索もできます。

粗大ごみ品目・料金検索

一覧表は、下のPDFファイルをダウンロードすることでご確認いただけます。

パソコンやタブレット、スマートフォンを用いて外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)から検索することができます。

下のQRコードを読み込むことで該当するサイトに移動することもできます。

粗大ごみ品目・料金検索のページへのQRコード

粗大ごみ手数料

有料粗大ごみ処理券は、粗大ごみ受付センターに電話またはインターネットで申込みをしてから購入してください。

有料粗大ごみ処理券の購入

粗大ごみ受付センターに申込みをした際に、料金の案内があります。
必要な料金分の有料粗大ごみ処理券を購入してください。

購入先

  • 墨田区内の商店、コンビニエンスストア、スーパーなどの取扱所
  • すみだ清掃事務所 〒130-0002 墨田区業平五丁目6番2号
  • すみだ清掃事務所分室 〒131-0032 墨田区東向島五丁目9番11号

有料粗大ごみ処理券については新規ウインドウで開きます。「有料ごみ処理券」のページをご覧ください。

注意:必ず墨田区の有料粗大ごみ処理券を購入してください。他区の券は使えません。

排出方法

排出する品物に有料粗大ごみ処理券を貼り、申込みの際に指定された日の朝8時までに、自宅前に出してください。
集合住宅にお住まいの方は、粗大ごみ置き場、又は収集しやすい場所に出してください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページはすみだ清掃事務所が担当しています。

本文ここまで