このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. 子育て・教育
  4. 教育
  5. 公立小中学校教員公募を実施します
本文ここから

公立小中学校教員公募を実施します

ページID:292853298

更新日:2022年10月3日

 グローバル化や情報化の技術革新による社会的変化の影響による、予測困難なこれからの社会において、子どもたち一人ひとりの可能性を伸ばし、新しい時代に求められる資質・能力を確実に育成していくことや特色ある学校づくりの推進のためには、教員が能力・適性を最大限に活用していくことが大切になります。そのため、本区の教育施策に関心をもち、意欲のある教員を確保するため、教員公募を実施します。

1 教員公募要項

※募集人数・教科、選考方法等については、教員公募要項をご覧ください。

2  応募の要件

(1) 令和5年3月31日時点で、都内公立学校に勤務する教員で、現任校に3年以上勤務している者を対象とする。(主幹教諭については、主幹教諭として現任校に3年以上勤務している者を対象とする。主任教諭は、教諭としての勤務年数を合算することができる。)
(2) 対象地区の教育施策、対象学校の特色ある学校づくりを理解し、高い関心や意欲のある者を対象とする。
(3) 公立学校教員を対象とした他の公募(都立学校の公募も含む)に重複して応募することはできない。
(4) 定期異動実施要綱の「第5 異動の方法 1異動地域の指定・ステージ制の活用」に照らし、異なる三つの地域を経験していない者又は二つのステージを経験していない者は、経験のある地域に含まれる地区に応募することはできない。
(5) 公募に応募できない者
 ア 教育管理職及び教育管理職候補者・教育管理職選考受験者
 イ 4級職選考受験者(現在主幹教諭で指導教諭を受験している者も含む。)
 ウ 令和4年10月1日現在、休職中又は育児休業中の者
 エ 令和4年度に在外教育施設派遣期間中の者、東京都との人事交流協定書により国立大学法人の附属学校等に勤務する者
(6) 今年度の主任教諭選考受験者は主任教諭公募に応募することはできない。
(7) 所属長及び所属する教育委員会の推薦を得られた者を対象とする。ただし、必異動対象教員(現任校で、実勤務年数6年以上の者)については、推薦がなくても応募できる。(応募用紙の提出先は所属長とする。)

再任用教員については、以下の(1)から(4)までの要件を全てを満たす者

(1) 現に東京都公立小中学校に勤務する定年退職予定者又は再任用教育職員である者
(2) 令和5年3月31日現在64歳以下の者
(3) 令和4年度東京都公立学校再任用職員(教育職員)採用選考において、「フルタイム勤務」
を申し込む者
(4) 校長が公募に応募することを認めた者
  ただし、校長が応募する場合は、所属する教育委員会が認めた者とする。

3 参考

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader(新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは指導室が担当しています。