このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. 区政
  4. ACTiON! すみだSDGs
本文ここから

ACTiON! すみだSDGs

ページID:683569753

Action! すみだSDGs

貧困、人種や性別における不平等、環境破壊、教育格差…。これらの問題に1つずつ向き合い、誰ひとり取り残さない経済・社会・環境を、将来にわたって築いていく。それが墨田区の目指す持続可能なまちの姿です。
どうやったらそんなまちが創れるのか、一緒に考えてみませんか。

ニュース

新着情報

SDGsとは?

Sustainable Development Goals 世界を変えるための17の目標

持続可能な開発目標 SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

墨田区が目指す 持続可能な“すみだ”

「働きがい」を起点にした、「生きがいのある豊かな暮らし」

経済、社会、環境それぞれへの取り組みが良い形で循環するまちづくりを目指します。経済分野では、付加価値を高めることによる、事業者が稼げる仕組みづくりを目指します。社会分野では、誰もが働きやすく、生き生きと健康的に暮らせる社会づくりを目指します。環境分野では、持続的に働き・住むことができる豊かな地域環境づくりを目指します。

多様な産業を担う企業が集まる墨田区。その企業や事業者がそれぞれに生み出す付加価値が、しっかりと“稼ぎ”へつながることを目指します。多くのものづくり企業が集まる特徴を活かして、墨田区内の企業・事業者が持続的に経済を回していける構造が、さらに地域の価値向上につながります。

区民がいつまでも「健康」を実感しながら、生き生きと暮らしていける社会を目指します。医療体制の強化に加え、やりがいを感じながら、健康的に働くことができる「健康経営」への取り組みや、個性が尊重され、障害や性別・年齢に関わらず誰もが活躍できることが「健康に暮らすこと」につながります。

カーボンニュートラルを見据えた、環境に配慮した働き方・暮らし方の実現を目指します。エネルギー消費量やごみの削減、クールビズ・ウォームビズへの取り組み、そして環境学習を通した次世代への教育を行います。また、気候変動に伴う水害などへの対策を行い、安心して住み続けられるまちをつくります。

ACTiON! すみだSDGsの冊子では更に詳しく墨田区のビジョンを掲載しています。冊子PDFのダウンロードはこちらから。

このような考えが評価され、2021年度、墨田区は「SDGs未来都市」に加え、その中でも特に先導的な取組として毎年度10都市のみが選ばれる「自治体SDGsモデル事業」に選定されました。

SDGsを推進する事業者の方へ

事業者とSDGsについて

事業者のみなさんがSDGsに取り組むにあたり、その意義や取り組み方を資料にまとめました。企業経営にSDGsの組み込みを検討されている方はぜひ参考になさってください。

SDGs宣言事業

区では、SDGsに既に取り組んでいる、またはこれから取り組もうとしている事業者や団体等の宣言を募集しています。宣言後は、区が宣言証を発行するとともに区有媒体等によるPRを行います。
SDGs視点で取組を整理する際に、ぜひご活用ください。

すみだ公民連携デスク

地域全体でのSDGs推進は、公民連携が大きな原動力になると考えています。事業者の方で「墨田区と連携してSDGsに関する取り組みを推進したい」と考えていらっしゃる場合は、もし具体的な連携内容が決まっていなくても気軽に区へご相談ください。

マッチングシートのご提出やご相談に関する問合せ先

SDGs未来都市政策調整担当
電話:03-5608-6231
ファックス:03-5608-6407
電子メール:新規ウインドウで開きます。SEISAKU@city.sumida.lg.jp

すみだ子どもPR大使の GO! GO! SDGs

墨田区のこどもPR大使が、ワークショップを体験!活動内容を動画でご紹介します。

区のSDGsの取組

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader(新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Readerのダウンロードへ