このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

公共施設等マネジメントの取組み

更新日:2017年9月29日

 区では、区民の貴重な資産である公共施設等を効果的・効率的に有効活用し、その費用対効果を最大化するため、公共施設等マネジメントの取組みを進めています。

墨田区新保健センター等複合施設整備基本計画(平成29年9月)

 生涯健康都市を目指し、老朽化が進んでいる向島・本所の両保健センターを統合・集約するとともに、関係する施設を複合化した、「新保健所を核とした複合施設」の整備について基本的な考え方をまとめ、今後の設計に反映することを目的とした、「墨田区新保健センター等複合施設整備基本計画」を策定しました。

第2次墨田区公共施設マネジメント実行計画(平成28年6月)

 2015(平成27)年度末で「第1次墨田区公共施設マネジメント実行計画」の計画期間が終了することから、「墨田区公共施設等総合管理計画」における、公共施設(建物)マネジメントに係る実行計画として、各部が所管する公共施設の管理や整備計画等を横断的にマネジメントする「第2次墨田区公共施設マネジメント実行計画」を策定しました。

墨田区公共施設等総合管理計画(平成28年3月)

 区では、2014(平成26)年7月に策定した「墨田区公共施設マネジメント実行計画」に基づき、公共施設(建物)の維持管理や運営方法の見直し、長寿命化の推進、統廃合等の取組みを進めてきたところですが、区の限られた財源を有効に活用し、真に必要な公共サービスを将来にわたり区民の皆さんに提供し続けるためには、公共施設(建物)だけではなく道路や橋りょう等のインフラ系施設も含めた区のすべての公共施設等を、総合的・計画的にマネジメントを行っていく必要があることから、「墨田区公共施設等総合管理計画」を策定しました。

公共施設(建物)長期修繕計画概要(平成28年3月)

 第1次公共施設マネジメント実行計画に基づき、計画的な予防保全による公共施設(建物)の長寿命化、ライフサイクルコストの縮減、修繕費や更新(建替え)費の平準化による将来的な財政負担の軽減を行っていくため、「公共施設(建物)長期修繕計画」を策定しました。

墨田区公共施設マネジメント実行計画・第1次公共施設マネジメント実行計画(平成26年7月)

 平成25年5月に策定した「墨田区公共施設白書」で明らかになった分析・評価結果や課題を踏まえ、経営資産である施設の費用対効果を最大化する公共施設マネジメントを計画的に推進するために、「墨田区公共施設マネジメント実行計画」を策定しました。

墨田区公共施設白書(平成25年5月)

「墨田区公共施設白書」の公表にあたって

墨田区公共施設白書(本編)

 1 区の位置・面積等
 2 人口等の動向

 3 財政の動向
 4 区の公共施設を取り巻く環境
 5 全区的な公共施設の概況
 6 今後の公共施設の維持管理・運営に向けた全区的な課題

 1 本章の内容構成
 2 個別施設の把握、分析・評価
  (1)区庁舎から(7)その他区民施設

   (8)保育園から(10)学童クラブ

  (11)子育て支援施設から(14)元気高齢者施設

  (15)特別養護老人ホーム、高齢者在宅サービスセンターから(20)住宅

  (21)幼稚園から(24)その他学校教育施設

  (25)図書館から(28)その他

墨田区公共施設白書(個別施設データ)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは行政改革推進担当が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

行政改革・財政・予算・会計

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで