このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

北斎生誕260年、2020に何ができるか!?「隅田川 森羅万象 墨に夢」2019年度活動報告会&シンポジウムを開催します!

更新日:2020年1月6日

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。イベントチラシ(PDF:1,978KB)

【第一部】「隅田川 森羅万象 墨に夢」2019年度 活動報告会 13時30分から15時まで(90分)

 「隅田川 森羅万象 墨に夢」(通称すみゆめ)は、すみだ北斎美術館の開館を機に、2016年に始まったアートプロジェクトです。毎年秋にメイン期間を設け、「隅田川」と「北斎」を主なテーマとして企画を募り、まちなかや親水テラス、公園や商店街などで多彩な活動を展開してきました。さらに参加団体や地域のネットワークを形成すべく、交流プログラムや毎月の「寄合」を行い、相互連携による活動も促しています。
 4年目となる「すみゆめ」では、地域リサーチから生まれる音楽やダンス、演劇やパフォーマンス、地域主体のお祭りまで、主催企画と公募によるプロジェクト企画全21件を実施しました。本報告会では、参加団体からの発表を通じてその成果を共有し、今後に向けた課題を探ります。

2019年度プロジェクト企画参加団体

  • EAST MEETS EAST実行委員会
  • 旧水路ラボ&暗渠マニアックス
  • 劇団M.M.C
  • 古今亭菊千代一座
  • ずぼんぼプロジェクト
  • すみだパークスタジオ演劇部・扉座大人サテライト
  • NPO法人寺島・玉ノ井まちづくり協議会
  • 点字物語「天の尺」実行委員会
  • NPO法人トッピングイースト
  • プゼ
  • 北斎通りまちづくりの会
  • 北斎ヨガ実行委員会
  • 向島デザインワークショップ2019実行委員会
  • 一般社団法人もんてん
  • 柳生二千翔

すみゆめロゴ


【第二部】シンポジウム「すみだと北斎―文化資源が磨く地域力」 15時10分から17時まで(110分)

 アメリカ『Life』誌が1998年に行ったアンケート「この1000年間で最も偉大な偉業を残した世界の100人」で、日本人では唯一選ばれた葛飾北斎。パスポートや新紙幣に「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」が採用されるなど、近年あらためて注目が集まる中、その90年に及ぶ生涯のほとんどを過ごしたすみだの地で、私たちは北斎から何を受け継ぎ、どのように日々の営みを彩ることができるでしょうか。世界的なコンテンツである「北斎」、そして江戸文化を育んだ「隅田川」を資源としながら、アートでつながるコミュニティを育み、地域の魅力を磨き上げていくための方策を語り合います。

出演者

石綿祐子|公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京 企画室 オリンピック・パラリンピック文化戦略担当課長
シンクタンク、広告代理店を経て、2012年より「アーツカウンシル東京」プログラム・ディレクターとしてカウンシル事業の立上げ、また2015年より、現職にて2020年に向けた文化プログラムの立上げと実施を担当。鋭意事業推進中。

太下義之|文化政策研究者
博士(芸術学)。独立行政法人国立美術館理事、公益社団法人日展理事。東京芸術文化評議会委員。2020年オリンピック・パラリンピック文化プログラム静岡県推進委員会副理事長。アーツカウンシル新潟アドバイザー。鶴岡市食文化創造都市アドバイザー。

新川貴詩|美術ジャーナリスト
早稲田大学第一文学部卒業、同大学院情報通信専攻修了。出版社に勤務した後、執筆活動を開始。新聞や雑誌などに主に現代美術や舞台芸術に関する文章を発表。編集者や学校教員、2016〜18年には「すみゆめ」の選考委員を務める。

橋本光明|すみだ北斎美術館館長
信州大学名誉教授、前長野県信濃美術館・東山魁夷館館長、東山魁夷記念財団評議員、小山敬三美術館運営委員長等。文科省特定課題委員会主査(北斎作品等の課題・調査研究)、大学美術教育学会理事長、日本学術振興科学研究費専門委員、文部省学習指導要領[美術]作成委員会主査他多数歴任。

モデレーター:荻原康子|「隅田川 森羅万象 墨に夢」統括ディレクター

開催日時 

令和2年2月15日(土曜日)13時30分から17時まで(13時開場)

会場

YKK60ビル AZ1ホール(墨田区亀沢3-22-1)

費用

無料

申込方法

 事前申込制(※先着順)となりますので、以下必要事項(1)から(6)を明記の上、WEB、はがき、ファックスのいずれかでお申込ください。

〈必要事項〉(1)参加イベント:第一部すみゆめ報告会/第二部シンポジウム(両方申込可)(2)お名前(3)ご住所(4)年齢(5)電話(携帯又は、当日連絡のとれる番号)(6)メールアドレス(ある方のみ)

WEB申込

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。申込みフォーム(外部サイト)よりお申込みください。

はがき申込

往復はがきで、往信面に必要事項、返信面に住所・氏名をご記入のうえ、次の宛先までお申込ください。
 〒130-8640 墨田区吾妻橋一丁目23番20号 墨田区文化芸術振興課

ファックス申込

03-5608-6934(墨田区文化芸術振興課)までお申込ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは文化芸術振興課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

防災・安全安心情報

観光・文化・芸術

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで