このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

187:犬にかまれたり、飼い犬が人をかんだときにどうしたらよいか知りたい。

更新日:2018年10月31日

187

回答

飼っている犬が人をかんだ場合、飼い主は24時間以内に、生活衛生課に事故発生届けを出して下さい。そして、48時間以内に、動物病院で狂犬病に関する検診を受けさせて下さい。なぜ事故が起こったか究明し、二度と起こさないような措置をとらなければなりません。
犬にかまれた場合、犬の飼い主を確認したら、最寄りの医療機関で治療を受け、生活衛生課に届けてください。飼い主がわからない場合は、種類・毛色・性別・大きさなど特徴をできるだけ覚えておいてください。事故が大きいとき、補償が必要になるときには、警察にも連絡をした方がよいでしょう。現場検証をしてもらうことで、後で裁判になったとき争いが少なくて済みます。

窓口

  • 生活衛生課 生活環境係

受付時間

  • 平日午前8時30分から午後5時まで

関連HP

犬にかまれたとき・飼っている犬が人をかんだとき

問合せ先

生活衛生課 生活環境係
電話:03-5608-6939(直通)

お問い合わせ

このページは生活衛生課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

防災・安全安心情報

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで