このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

食中毒予防キャンペーン(令和2年8月)を実施しました

更新日:2020年9月24日

令和2年8月の食品衛生月間事業の一つとして、食中毒予防キャンペーンを実施しました。

食中毒予防キャンペーン

 令和2年8月4日から11日まで、区役所1階アトリウムにて、食中毒予防に関するパネルの展示とパンフレットやうちわなどの普及啓発グッズの配布を行いました。

 また、令和2年8月5日には墨田区食品衛生協会と墨田区保健所が協力して食中毒予防についての普及啓発イベントを開催し、手洗い実習や食品衛生相談、食中毒に関するクイズとアンケートを実施しました。

実施内容

  • 食中毒予防に関するパネル展示
  • 食中毒予防に関するパンフレット、マグネット、風船、うちわなどの普及啓発グッズ配布
  • 墨田区保健所食品衛生監視員による食品衛生相談
  • 墨田区食品衛生協会自治指導員による手洗い実習
  • 墨田区食品衛生協会自治指導員による食中毒に関するクイズとアンケート

 令和2年8月5日のイベントには200名の方にクイズとアンケートにご協力いただきました。思わぬクイズの落とし穴に、はまってしまった方もいたのではないでしょうか。
 また、手洗い実習には、小さなお子様から年配の方まで30名の方に幅広く参加していただきました。「新型コロナウイルス予防対策の参考にもなりました。」と言ってくださった方もいました。
 ご参加ご協力いただいた皆様、どうもありがとうございました。

食品衛生クイズ(令和2年度)

問1 新鮮な鶏肉は生で食べても安全である

正解:×
鶏肉は鮮度がよくても生で食べると食中毒になることがあります。
 正解率は約81パーセントでした。
 鶏肉も魚の刺身と同じように新鮮なら生でも安全に食べられる、そう思っている方もいるのではないでしょうか。残念ながら、鶏肉に関しては「生食用」の基準がなく、新鮮なお肉でもカンピロバクターなどの細菌に汚染されている可能性が高いです。また、表面を加熱すれば大丈夫、というのも間違い。カンピロバクターは肉の内部までもぐりこんでいることがあります。お肉を生で食べるのは大変危険ですので、十分に加熱して食べるようにしましょう。

問2 アニサキス(魚の寄生虫)による食中毒は、冷凍で予防できる

正解:〇
アニサキス予防には冷凍が有効です。
 正解率は約36パーセントでした。
  近年、サバやアジなどの魚介類を刺身で食べ、食後数時間で激しい腹痛を発症する食中毒が非常に多く発生しています。原因は魚の寄生虫アニサキスです。アニサキスによる食中毒を防ぐには、取り除くか加熱や冷凍でやっつけるしかありません。魚介類を生で食べるときは−20℃で24時間以上冷凍するか、早めに内臓を取り除き、アニサキスがいないかよく見ながら調理しましょう。

問3 エネルギーなどの栄養成分の表示は、原則、加工食品に義務付けられている

正解:〇
制度改正により、栄養成分表示が義務化されました。
 正解率は約75パーセントでした。
 エネルギー(kcal)などの栄養成分は、令和2年4月1日から原則すべての食品に表示することが義務づけられました。ナトリウムの量は分かりやすく「食塩相当量」で表示されます。商品選びの際は広告だけでなく表示をよく見て、健康づくりに活用しましょう。

アンケート(令和2年度)

問1 墨田区食品衛生キャラクター「すみだこ」を知っている?

 「すみだこ」は墨田区の食品衛生キャラクターとして、すみだ区報、区ホームページ、ツイッターやフェイスブックなどに登場し、食中毒予防のために活躍しているキャラクターです。「すみだこ」の認知度は、墨田区の食品衛生に関する普及啓発活動が、区民の方へどれだけ伝わっているかを表す指標になります。
 今回のアンケートで、「すみだこ」を知っている人は30%となり、昨年度の20%から増加しました。

問2 「すみだこ」について、どこで見たことがありますか?

 問1で「知っている」と回答した方に、「すみだこ」をどこで見たことがあるか聞きました。
 その結果、すみだ区報で見たことがある人が最も多く、続いて区ホームページ、イベントブースの順になりました。

クイズとアンケートの実施結果から

 今回のクイズの結果から、大多数の人がお肉を生や加熱不十分の状態で食べることの危険性について理解していることがわかりました。一方、アニサキス食中毒の予防方法について知っている人は少ないことがわかりました。
 また、アンケートの結果から、墨田区の食品衛生キャラクター「すみだこ」の認知度は昨年度よりも増えましたが、まだまだ低いことがわかりました。
 今回のクイズとアンケートの結果を踏まえて、今後も消費者や食品を提供する事業者に対し食中毒予防の普及啓発に努めていきたいと思います。

問い合わせ先

生活衛生課食品衛生係
電話:03-5608-6943

お問い合わせ

このページは生活衛生課が担当しています。

本文ここまで