このページの先頭です
このページの本文へ移動
本文ここから

保険料の計算方法

ページID:623686597

更新日:2022年4月1日

 みなさんが病気やケガをしたときの医療費などの支払いにあてるため、医療費総額の一定割合を保険料として納めていただきます。保険料は、すべての加入者一人ひとりに納めていただくことになり、前年の所得に基づいて計算します。

令和4年度の保険料の計算方法

 保険料は、個人単位で決定されます。加入者全員に負担していただく「均等割額」と各人の所得に応じて負担していただく「所得割額」の合計となります。

年間保険料額(※1)=均等割額+所得割額 
均等割額=46,400円
所得割額=賦課のもととなる所得金額(※2)×所得割率9.49%

※1 賦課限度額は66万円です。100円未満は切り捨てます。
※2 賦課のもととなる所得金額とは、前年の総所得金額および山林所得金額ならびに株式・長期(短期)譲渡所得の合計額から地方税法に定める基礎控除額(合計金額が2,400万円以下の場合は43万円)を控除した額です(雑損失の繰越控除額は控除しません)。

 所得が一定額以下の方は、保険料の均等割額・所得割額の軽減措置があります。詳しくは「 後期高齢者医療保険料の軽減措置」をご覧ください。

保険料の計算例

単身世帯で年金収入250万円のみの場合
計算手順 計算内容
(1)収入から所得を計算 年金収入(2,500,000円) - 年金控除(1,100,000円) = 所得(1,400,000円)
(2)所得割額を計算 {所得(1,400,000円) - 基礎控除(430,000円)}×所得割率(0.0949) = 所得割額(92,053円)

(3)所得割額と均等割額を合計し、端数を切り捨てる

所得割額(92,053円) + 均等割額(46,400円) = 138,453円
138,453円の100円未満の端数を切り捨てる。
⇒ 年間保険料額(138,400円)


保険料の計算について

以下のリンク先から、必要項目を入力し、保険料を試算できます。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京いきいきネット 保険料試算用シート(外部サイト)(東京都後期高齢者医療広域連合)

保険料の納付について

保険料の納め方は保険料の納付方法をご覧ください。

お問い合わせ

このページは国保年金課が担当しています。

保険料の計算方法について

注目情報