このページの先頭です
このページの本文へ移動
本文ここから

「3M」運動の推進

ページID:634715256

「すみだ3M(スリーエム)運動」とは、1985(昭和60)年にスタートした、墨田区の産業PRとイメージアップ、地域活性化を図る事業です。「小さな博物館」(Museum)。工房と店舗の機能を備えた、製造と販売が一体化した「工房ショップ」(Manufacturing shop)。付加価値の高い製品を創る技術者である「マイスター」(Meister)の3つの頭文字をとって「3M(スリーエム)運動」と呼んでいます。3つの運動を有機的につなぎ合わせ、すみだの優れた産業と生産品が「正当な評価」「より高い評価」を受けることを目指すとともに、ものづくりの素晴しさや大切さをアピールするものです。

本物の職人と出会う

墨田区は、江戸時代から続く伝統工芸のほかに、明治初期から時計、革靴や革カバン、肌着、石けんなど日用品の生産地としてものづくりを中心にまちが発展してきました。
そして今でも職人や町工場が数多く残っており、生活に密着した品質の高い製品を作り続けています。
そんな「ものづくりのまち すみだ」の産業と文化の素晴らしさを知っていただきたいという想いで始まったのが「すみだ3M(スリーエム)運動」です。
まち歩きを通して、ものづくりの歴史や職人の技術に出会ってみませんか。

3M運動認定事業者を探す

区分から探す

カテゴリ別から探す

地域から探す

すみだ3M運動ガイドマップ

ものづくりのまち すみだ 公式SNS

すみだ3M運動のほかにも、すみだのものづくりに関する情報を幅広くお届けしています。

3M取材日記

お知らせ

すみだ3M運動に関するお問い合わせ先

産業振興課
電話:03-5608-1437

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader(新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Readerのダウンロードへ