このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
  • 現在のページ
  • トップページ
  • よくある質問
  • くらし
  • 健康保険
  • 後期高齢者医療制度
  • 524:次の特定疾病の後期高齢者医療制度の被保険者が、特定疾病療養受療証の申請をしたい。(1)人工腎臓(人工透析)を実施している慢性腎不全(2)血漿分画製剤を投与している先天性血液凝固第8因子障害、または先天性血液凝固第9因子障害(いわゆる血友病)(3)抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群(HIV感染を含み、厚生労働大臣の定める者に係るものに限る)
サイトメニューここまで

本文ここから

524:次の特定疾病の後期高齢者医療制度の被保険者が、特定疾病療養受療証の申請をしたい。(1)人工腎臓(人工透析)を実施している慢性腎不全(2)血漿分画製剤を投与している先天性血液凝固第8因子障害、または先天性血液凝固第9因子障害(いわゆる血友病)(3)抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群(HIV感染を含み、厚生労働大臣の定める者に係るものに限る)

更新日:2018年10月31日

524

回答

次の特定疾病の治療を長期間継続して受ける必要がある方は、広域連合で認定されると特定疾病療養受療証を交付します。必要なものをお持ちになり、区役所2階の国保年金課長寿医療(後期高齢者医療)資格・給付担当で申請してください。

対象となる特定疾病

  1. 人工腎臓(人工透析)を実施している慢性腎不全
  2. 血漿分画製剤を投与している先天性血液凝第8因子障害、または先天性血液凝固第9因子障害(いわゆる血友病)
  3. 抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群(HIV感染を含み、厚生労働大臣の定める者に係るものに限る)

申請窓口

  • 国保年金課 長寿医療(後期高齢者医療)資格・給付担当

受付時間

  • 平日午前8時30分から午後5時まで(水曜日は午後7時まで)

必要なもの

  • 被保険者本人の身分証明書(官公署が発行した顔写真付きの身分証明書であれば一点、顔写真付きでなければ、二点ご用意ください。)

※代理人による申請の場合は、被保険者本人と代理人両方の身分証明書が必要です。

  • 被保険者本人のマイナンバーが確認できる書類(通知カードや個人番号カードなど)
  • 後期高齢者医療被保険者証
  • 疾病の挙証資料(他の保険者の発行する特定疾病医療証などの写し、障害者手帳、医師の診断書等)
  • 印かん(朱肉を使用する認印)

関連HP

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京いきいきネット よくある質問 保険給付 特定疾病療養受療証(外部サイト)

問合せ先

国保年金課 長寿医療(後期高齢者医療)資格・給付担当
電話:03-5608-6192(直通)

お問い合わせ

このページは国保年金課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

後期高齢者医療制度

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで