このページの先頭です
このページの本文へ移動
本文ここから

日常備蓄

ページID:194938049

更新日:2021年10月4日

災害発生時には、電気・ガス・水道などのライフラインが寸断されたり、物資の入手が困難になったりすることが考えられます。こうした局面を乗り切るには、日ごろから食糧品や生活必需品を備えておく日常備蓄が不可欠です。

少しの工夫でできる日常備蓄

 日常備蓄とは、災害時に必要な食糧品や生活必需品を、日ごろから備えておくことです。特別なものを用意する必要はなく、普段家庭で利用している食糧品や日用品をいつもより少し多めに買い置きするだけで、災害時、ライフラインが寸断された中でも当面、自宅での生活が可能になります。

日常備蓄のイメージ(ランニングストック)

(1)食料品や生活必需品を多めに購入(2)古いものから順に消費(3)最小限備えるべき品目・量を残す(4)消費した分を新たに購入して補充

チェックしてみましょう!主な備蓄品目(一例) □水(飲料用・調理用・生活用) □カセットコンロ・ガスボンベ □常備薬(市販薬) □主食(レトルトごはん・乾麺等) □缶詰 □ビニール袋 □洗面用具・タオル □生理用品 □離乳食等(乳幼児) □使い捨てカイロ □ウェットティッシュ □トイレットペーパー □簡易トイレセット □懐中電灯 □乾電池 □携帯ラジオ □携帯電話・スマートフォン用の予備バッテリー □使い捨てのビニール手袋 □この他にも、各家庭で必要なものは日常備蓄しておきましょう。

日常備蓄5つのポイント

冷蔵庫は食糧品備蓄庫

食糧品の性質を見極め、使う順序を考えて消費すれば、普段あるものでも数日間は食べつなぐことができます。

生活用水は大切に

常に風呂に水を張っておけば、断水時にトイレの排水などに使用できます。

使用期限は定期的にチェック

電池・カイロ・薬などの使用期限を定期的に点検しましょう。

一人暮らしの方の備蓄

一人暮らしの方は、近所のお店でも手軽に買える缶詰やカップ麺など、自分の好みのものをいつもより少し多めに買い置きしておくだけでも備蓄になります。

オール電化住宅の必需品

オール電化住宅では、停電に備えて、カセットコンロ・ガスボンベを用意しておきましょう。

「日常備蓄」で災害に備えようパンフレット(東京都発行)

日常備蓄について詳しく説明しているパンフレットです。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader(新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは防災課が担当しています。