このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. 健康・福祉
  4. 健康
  5. 各種健診・がん検診
  6. 各種健康診査
  7. 墨田区国民健康保険「特定健康診査」(40歳から74歳までで、墨田区国民健康保険に加入している方)※11月30日まで実施期間を延長します
本文ここから

墨田区国民健康保険「特定健康診査」(40歳から74歳までで、墨田区国民健康保険に加入している方)※11月30日まで実施期間を延長します

ページID:845749471

更新日:2020年10月20日

例年、特定健診の実施期間は、10月末までとしておりますが、多くの方に受診していただけるよう、11月末まで実施することとしました。
※受診票の期限は、10月31日になっていますが、11月30日までは、その受診票で受診することが可能です。12月以降は受診できませんのでご注意ください。
※大腸がん検診の無料クーポン券の期限についても、10月31日となっていますが、11月30日まではご利用できます。
※名簿に掲載されている医療機関であっても健診の受入れができない場合があります。予め医療機関にご確認の上、受診してください。

 「特定健康診査」は、糖尿病などの生活習慣病を予防するため、内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)に着目し、適切な保健指導を受ける必要がある方を見つけるために実施します。
また、特定健康診査と同時に大腸がん検診(検便)や肺がん検診(胸部エックス線検査)を受診することができます。受診を希望する方は、特定健康診査と同時に受診してください。受診の際は大腸がん検診、肺がん検診の実施医療機関(健康診査の受診票に同封されている「実施医療機関名簿」参照)にて、特定健康診査を受診するときにお申し出ください。
 なお、特定健康診査、肺がん検診は無料で実施していますが、大腸がん検診は有料(400円)です。

新型コロナウイルス感染症が気になり受診を控えている方へ

特定健康診査の会場では、感染拡大を予防するため、換気や消毒を徹底するなど、新型コロナウイルス感染症防止対策に努めています。
定期的に特定健康診査を受けて、生活習慣病の予防をしましょう。まずは自分の身体をきちんと知ることが健康維持への第一歩です。
※受診される方も、受診の前に体温を測定するなど体調に問題がないことの確認や、マスクの着用・受診前後の手洗いなどの感染対策を行いましょう。

対象者

令和2年4月1日現在、墨田区国民健康保険に加入し、次のア、イに該当する方

ア 令和2年度中に40歳から74歳までとなる方(昭和21年4月1日から昭和56年3月31日までに生まれた方)
イ 令和2年度中に75歳になる方のうち、昭和20年7月1日から昭和21年3月31日までに生まれた方

令和2年4月2日以降に墨田区国民健康保険の加入手続を行った方のうち、令和2年度中に40歳から74歳までとなる方(昭和21年4月1日から昭和56年3月31日までに生まれた方)

※健康診査受診日時点でも墨田区国民健康保険に加入している必要があります。
※健康保険組合、全国健康保険協会(協会けんぽ)、共済組合などのいわゆる社会保険や国民健康保険組合に加入している方(扶養されている家族も含む)は、区の健康診査は受けられません。勤務先の定期健診やご加入の保険者が実施する特定健康診査、人間ドック等を受診してください。詳しくは、勤務先またはご加入の保険者にお問い合わせください。
※年度途中で加入している健康保険を変更された方など、他の健康診査を受ける機会がない方は、区が実施する生活習慣病予防健康診査を受診できますので、区へ申し出てください。

(注意)以下の方は、健康診査の対象となりません。

  1. 年度途中で墨田区国民健康保険を脱退した方
  2. 妊産婦(妊娠中または出産後1年以内の方)
  3. 刑務所などに入所中の方
  4. 海外に在住している方
  5. 病院などに6か月以上入院中の方
  6. 他の自治体・他の医療保険者が実施する健康診査を令和2年4月以降に受診した方
  7. 障害者支援施設、母子生活支援施設、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、軽費老人ホーム、介護老人保険施設などに入所中の方

健康診査を受けることができる期間

 受診票等を各実施期間の開始前に送付します。ただし、令和2年10月以降に墨田区国民健康保険に加入した方については、送付できませんので加入後に区までお申し出ください。

上記「受診対象者」のうち、令和2年4月1日現在、墨田区国民健康保険に加入している方

 令和2年11月30日まで

上記「受診対象者」のうち、令和2年4月2日以降に墨田区国民健康保険の加入手続を行った方

 令和2年11月1日から12月31日まで

※いずれも医療機関の休診日を除きます。
※実施期間は変更できませんので、必ず実施期間中に受診してください。
※期間終了間際は大変混み合いますので、なるべく早めに受診してください。

健康診査を受ける場所

 墨田・江東区内実施医療機関(受診票と一緒に「墨田区実施医療機関名簿」をお送りします。)
 ※必ず名簿に載っている医療機関で受診してください。

※新型コロナウイルスの影響により、名簿に掲載されている医療機関であっても健診の受入れができない場合があります。
※江東区の一部医療機関においても、健康診査を受診することができます。
※江東区の医療機関において、健康診査と同時に大腸がん検診、肺がん検診を受診することはできません。
 がん受診を希望される方は、墨田区内の健診実施医療機関で受けていただく必要があります。

健康診査の費用

 無料です。ただし、この健康診査の結果、治療や精密検査などを受けた場合は、有料(保険診療)になります。
 ※大腸がん検診の受診を希望する場合は400円の自己負担が発生します。

健康診査の受診方法

 以下に記載のものを医療機関に必ずお持ちください。お持ちでない場合、健康診査は受けられませんのでご注意ください。

医療機関にお持ちいただくもの

  • 「特定健康診査受診票(水色)」(あらかじめ質問項目に回答を記入してください。)
  • 「国民健康保険被保険者証」(保険証)

健康診査の内容

基本的な健診項目等(全員に行う項目)

 問診、身体計測(身長・体重・腹囲)、身体診察、血圧測定、血液検査(肝機能・脂質・血糖・尿酸)、尿検査(尿蛋白、尿糖)、胸部エックス線検査(結核等の肺疾患の検査)

詳細な健診項目(一定の基準により、医師が必要と認めた方に行う項目)

 貧血検査、血清クレアチニン検査、心電図検査、眼底写真

希望者のみに実施する検診

 大腸がん検診(検便) 有料:400円
 肺がん検診(胸部エックス線検査) 無料

※受診を希望する場合は、健康診査を受診する際に大腸がん検診、肺がん検診を実施している医療機関にお申し出ください。
※「健康診査としての胸部エックス線検査」と「肺がん検診」は、同一年度ではどちらか一方しか受けられません。

サービス付き高齢者向け住宅に入居する方の特例

 墨田区外のサービス付き高齢者向け住宅(特定施設入居者生活介護の事業所の指定を受けていない場合に限ります。)にお住まいの特定健康診査の対象者の方で、区内実施医療機関で健康診査を受けることが難しい方には、健診費用の一部を補助する制度があります。詳しくは、国保年金課こくほ庶務係(電話:03-5608-6120)までお問合せください。

保健指導について

 特定健康診査の結果により、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の基準該当又は予備群該当となった方で、生活習慣の改善が必要と判断された方には、「特定保健指導」を、メタボリックシンドロームではなくても、生活習慣病のリスクが高いと判断された方には、「生活習慣病予防のための保健指導」を実施します。保健指導では、専門家(保健師、管理栄養士など)による個別支援(特定保健指導等)を無料で一定期間継続して受けていただきます。該当者には後日、保健指導のご案内をお送りしますので、ぜひご利用ください。

お問合せ先

すみだ けんしんダイヤル 電話:03-6667-1127 

  • 受付時間は、月曜日から金曜日までの午前9時から午後6時までです(祝日・年末年始を除く)。
  • つながりにくい場合は、時間をおいてお掛け直しください。午前9時から午前10時半頃まで、休み明け、月初めは大変混み合います。
  • 最近、「すみだ けんしんダイヤル」へ電話をおかけになる方の間違い電話が非常に増えております。電話番号を今一度お確かめのうえ、お間違えのないようお願いいたします。
  • 聴覚障害のある方等は、ファックス:03-6862-6571へ
    ファックスでの再発行・お問合せ等の様式はこちら
  • 「すみだ けんしんダイヤル」についてのお問合せは、保健計画課 健康推進担当 電話:03-5608-8514(直通)へ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader(新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは保健計画課が担当しています。