このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. 区政
  4. 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  5. 聖火リレー
  6. 東京2020パラリンピック聖火リレー採火式を行いました
本文ここから

東京2020パラリンピック聖火リレー採火式を行いました

ページID:861409530

更新日:2021年8月20日

 令和3年8月20日(金曜日)に社会福祉法人興望館にて、東京2020パラリンピック聖火リレー採火式を行いました。
 墨田区では、児童の健全育成事業や養護事業など様々な分野に活動を広げる興望館の取り組みが、東京2020パラリンピックの共生社会の実現という目的と合致するものと考え、事前に行われた興望館設立当初から続いている青少年事業の一つである「キャンプファイヤー」から種火を採り、この種火から「すみだの火」を採火することとしました。

 採火式当日は、現在も学童クラブに通う児童などによるエスコートキッズ4名が種火を会場に運び入れ、関係者及び興望館へ通う園児のみなさんが見守る中、山本区長が共生社会の実現への想いを込めた「すみだの火」としてランタンに採火しました。

 「すみだの火」は都内62区市町村で採火された火と共に、都内集火式で1つとなり、東京2020パラリンピック聖火(東京都の火)となります。 そして、「東京都の火」は、全国各地で採火された炎とイギリスのストーク・マンデビルで採火された炎とひとつになり、「パラリンピック聖火」となります。

墨田区における東京2020パラリンピック聖火リレー採火式の概要

日程

2021年8月20日(金曜日)

会場

社会福祉法人 興望館

採火方法

事前に会場関連児童養護施設で実施するキャンプファイヤーから種火を採り、採火式の際に、点火棒を使用してランタンに火を移し「すみだの火」とする。

墨田区での聖火リレーについて

 都内における東京2020パラリンピック聖火リレーの公道走行が中止になったことに伴う代替措置として、点火セレモニーが行われます。
 点火セレモニーは、当日走行予定だったランナーがトーチに灯した聖火を聖火皿までつなげていくセレモニーです。なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、無観客での実施となります。
 点火セレモニーの模様は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。NHK(外部サイト)外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都(外部サイト)のライブストリーミングサイトでご覧いただけます

関連リンク

お問い合わせ

このページはオリンピック・パラリンピック室が担当しています。