このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. 健康・福祉
  4. 衛生
  5. 住まいの衛生
  6. 墨田区の蚊媒介感染症サーベイランス
本文ここから

墨田区の蚊媒介感染症サーベイランス

ページID:535385443

更新日:2022年11月8日

墨田区のデング熱対策について

デング熱について

デング熱は、蚊が媒介するウィルス性の感染症で、世界の広範な地域で流行が確認されています。国内でも平成26年8月、海外渡航歴のないデング熱患者が、約70年ぶりに報告されました。今後も、蚊の発生が増える夏季に国内感染者が発生する可能性があります。
デング熱を予防するためには、日ごろから蚊に刺されない工夫や、ボウフラの発生を防ぐ工夫が必要です。
また、本区では平時よりデング熱対策を推進しています。

本区の対応について

  1. 5月から10月にかけて、区立公園で捕獲した蚊がデングウィルスを保有していないかを検査しています(墨田区媒介蚊サーベイランス)。実施場所は、隅田公園・旧安田庭園です。
  2. 区立公園、区内道路の雨水ますで発生したボウフラが成虫になることを阻害する薬剤の投入を行っています。
  3. 区内小・中学校、幼稚園、保育園、児童館等の管理者に対し、注意喚起を行うリーフレットを送付しています。
  4. その他デング熱の対応については、厚生労働省、東京都、医療機関等と連携し、適切な対応を行っています。

お問い合わせ先

生活衛生課 生活環境係
電話番号:03-5608-6939

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader(新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは生活衛生課が担当しています。

注目情報

    このページを見ている人はこんなページも見ています