このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

住まいの修繕、改修のための融資あっせん

更新日:2017年11月10日

墨田区住宅修築資金融資あっせん制度は、ご自宅の修繕等を行う資金が不足する方に、区から区内の信用金庫へ融資のあっせんをします。区から、利子の一部及び保証料の補助があります。

取扱金融機関

  • 朝日信用金庫
  • 東京東信用金庫
  • 城北信用金庫
  • 東京シティ信用金庫
  • 東京ベイ信用金庫

融資の対象となる住宅

  1. 区内に所在するもの
  2. 申込人が現に自ら居住している、又は修築後、同居する親族が現に居住しているもの

融資の申込みができる方

  1. 申込人または修築後同居する親族が、区内に引き続き1年以上居住していること
  2. 前年の所得額が、1,200万円以下であること
  3. 住民税を滞納していないこと
  4. 申込時の年齢が20歳以上であること
  5. 融資を受けた資金の償還及びその利子の支払について、十分な能力を有すること
  6. 一般社団法人しんきん保証基金と保証委託契約を結べること

融資あっせんの種類

一般融資あっせん

住宅の安全性、耐久性または居住性を高めるための修築等を行う場合。

特別融資あっせん(高齢者または障害者)

対象となる方の専用室を設ける、または生活しやすくなるような住宅構造の改善を図るための修築等を行う場合。

対象となる方

  • 65歳以上の高齢者
  • 身体障害者手帳(1〜4級)または愛の手帳(1〜4度)をお持ちの方。

なお、「住宅設備改造費助成」「高齢者自立支援住宅改修助成」をあわせて利用できる場合があります。

道路騒音防止

道路に面している住宅の静穏な生活環境を確保するため、住宅部分の開口部、内壁、空気調整機等の改良工事または取り付け工事を行う場合。

防災対策

  • 耐震対策のために公道等に面したブロック塀の改造工事を行う場合。(建築士等の資格を有する者による調査の結果、工事が必要であると判定された場合に限ります。)
  • 耐震診断の結果に基づき作成した耐震改修計画により改修工事を行う場合。

アスベスト対策

アスベストの含有が確認された施工箇所(住宅に併設された作業場、店舗、倉庫、車庫等についても対象となる場合があります。)について、吹付けアスベストの除却及び復旧または囲い込み等の修繕工事を行う場合。(工事終了後、申込人が任意で行うアスベストに関する検査費用を含みます。)

融資の内容

  • 融資限度額 500万円(工事に係る金額の範囲)
  • 融資利率 2.0%
  • 融資期間 300万円までは7年以内、300万円を超えて500万円までは10年以内
  • 返済方法 元金均等月賦償還

区による補助

利子補助

  • 貸付区分が特別または道路交通騒音防止の場合:半額
  • 貸付区分が防災対策またはアスベスト対策の場合:全額

月々の返済を確認後、年3回(6月、10月、2月)各4か月分をまとめて補助します。

保証料補助

一般社団法人しんきん保証基金との保証委託契約に伴い支払った保証料の全額。

融資あっせんのご案内

申込みに必要な書類

  • 申込書(第1号様式)
  • 誓約書(第1号様式の2)
  • 工事計画書(第1号様式の3)
  • 工事見積書
  • 土地・家屋の登記事項証明書
  • 承諾書(第2号様式)(借家、借間、借地のとき)
  • 住民票
  • 前年度の区民税完納証明書
  • 建築確認済書(建築確認申請を義務付けられている工事を行うとき)
  • 身体障害者手帳または愛の手帳(特別融資あっせんのとき)
  • 確定申告書又は源泉徴収票

申請様式

問い合わせ

墨田区 都市計画部 住宅課 計画担当
電話:03-5608-6215

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは住宅課が担当しています。

本文ここまで