このページの先頭です
このページの本文へ移動
本文ここから

すみだこの月間つぶやき

ページID:453170164

更新日:2021年10月1日

月間つぶやき

 毎月、その月の食中毒予防ポイントをつぶやく、「月間つぶやき」すみだ!

月間つぶやき

【NEW!】 10月の食中毒予防ポイント

10
暑い夏も終わり、紅葉が楽しみな季節
すみだこも近所の公園を散歩して癒されているすみだ。山登りにも挑戦してみたいな~
秋の山菜採りを楽しみにしている人もいるかな?
毎年、有毒植物による食中毒が発生しているので、要チェックすみだ。

有毒植物による食中毒予防のポイントは?

  • 食用と判断できない植物や、自分で植えた覚えのない植物を食用と判断しない。
  • 知らない植物は「採らない!食べない!売らない!人にあげない!!!」を徹底する。

9月の食中毒予防ポイント

9
秋はお芋が美味しい季節
すみだこはじゃがいもにバターをたっぷりつけたじゃがバターが大好きすみだ!
でも、じゃがいもの芽や表面の緑化した部分には有毒成分の『ソラニン』が含まれているので、食中毒に注意してほしいすみだ。

じゃがいもによる食中毒予防のポイントは?

  • 家庭や学校で作ったよく育っていない小さなじゃがいもは食べない。
  • 直射日光に当てないように暗く涼しい場所で保存する。
  • 芽は取り除き、緑化した部分は厚く皮を剥いてから調理する。

8月の食中毒予防ポイント

8月
夏場は気温や湿度が高くなり、細菌が増殖しやすくなる季節
食中毒菌の中でも、特に鶏肉や牛肉等に付着しているカンピロバクターや腸管出血性大腸菌に気を付けるすみだ!!

飲食店を利用する場合、生や加熱不十分な食肉のメニューは選ばないようにしましょう。

  • 新鮮でも菌が付いている肉を食べれば食中毒になる可能性が!
  • 子供や高齢者が生の肉を食べると重症化する可能性が!
  • 牛レバーや豚肉は生食メニューが禁止されています!

家庭で調理する際にも、肉の中心部まで十分に加熱するよう心掛けましょう。

7月の食中毒予防ポイント

7月
 アジやスルメイカ等の魚介類がおいしい季節
 食べる際にはアニサキス食中毒に気を付けるすみだ!

アニサキス食中毒予防のポイントは?

  • アニサキスは加熱又は冷凍により死滅するので、中心部まで十分に加熱するか、-20℃で24時間以上冷凍しましょう。
  • 魚介類を生食する際には、より新鮮なものを選び、早めに内臓を除去し、低温(4℃以下)で保存しましょう。
  • 魚を生食用に処理する際には、アニサキスを意識して魚をよく見て調理しましょう。

アニサキス食中毒予防について、より詳しく紹介しているすみだ!

お問い合わせ

このページは生活衛生課が担当しています。