このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

65歳以上のかた(第1号被保険者)の介護保険料

更新日:2018年4月1日

介護保険料のきまりかた

 介護保険料は、介護保険計画に基づき、3年ごとに介護給付費などの事業費の見込みに基づいて計算し、区の条例で定めています。
 第1号被保険者(65歳以上のかた)それぞれの負担能力に応じて保険料を負担していただくため、基準額に所得状況段階ごとに定めた率をかけて保険料額を決めています。

介護保険料の金額

介護保険料の金額は基準額をもとに決められています。
基準額とは、各所得段階において保険料を決める基準となる額のことです。
個々人の介護保険料は、被保険者本人の所得及び世帯の課税状況をもとに、15の所得段階に区分されます。

平成30年度から平成32年度まで
所得段階 対象者 保険料率

保険料
(年額)

第1段階
  • 老齢福祉年金の受給者で、世帯全員が住民税非課税の方
  • 生活保護を受けている方
  • 「中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律」による支援給付を受けている方
  • 世帯全員が住民税非課税で、公的年金等に係る雑所得を控除した合計所得金額と公的年金等収入額の合計が80万円以下の方

基準額
×0.45

34,992
第2段階 世帯全員が住民税非課税で、公的年金等に係る雑所得を控除した合計所得金額と公的年金等収入額の合計が80万円を超え120万円以下の方

基準額×0.625

48,600
第3段階 世帯全員が住民税非課税で、公的年金等に係る雑所得を控除した合計所得金額と公的年金等収入額の合計が120万円を超える方

基準額
×0.75

58,320
第4段階 本人が住民税非課税で、公的年金等に係る雑所得を控除した合計所得金額と公的年金等収入額の合計が80万円以下で、世帯内に住民税課税者がいる方

基準額×0.875

68,040

第5段階

本人が住民税非課税で、公的年金等に係る雑所得を控除した合計所得金額と公的年金等収入額の合計が80万円を超え、世帯内に住民税課税者がいる方

基準額
×1.0

77,760
(基準額)

第6段階 本人が住民税課税で、合計所得金額が125万円未満の方

基準額×1.125

87,480
第7段階 本人が住民税課税で、合計所得金額が125万円以上190万円未満の方

基準額
×1.25

97,200
第8段階 本人が住民税課税で、合計所得金額が190万円以上250万円未満の方

基準額
×1.5

116,640
第9段階 本人が住民税課税で、合計所得金額が250万円以上350万円未満の方

基準額
×1.65

128,304
第10段階 本人が住民税課税で、合計所得金額が350万円以上500万円未満の方

基準額
×1.85

143,856
第11段階 本人が住民税課税で、合計所得金額が500万円以上750万円未満の方

基準額
×2.3

178,848
第12段階 本人が住民税課税で、合計所得金額が750万円以上1000万円未満の方

基準額
×2.55

198,288
第13段階 本人が住民税課税で、合計所得金額が1,000万円以上1,500万円未満の方

基準額
×2.8

217,728
第14段階 本人が住民税課税で、合計所得金額が1,500万円以上2,000万円未満の方

基準額
×3.1

241,056
第15段階 本人が住民税課税で、合計所得金額が2,000万円以上の方

基準額
×3.4

264,384

介護保険料を算定するうえの「合計所得金額」とは、地方税法第292条第1項第13号に規定する合計所得金額から、土地建物等の譲渡所得に係る特別控除額を控除したものです。

「住民税非課税」とは、災害や障害等で減免された方は含まれません。

「世帯」とは、毎年4月1日時点の世帯(年度途中に65歳到達者、墨田区外からの転入者はその時点の世帯)に基づき決められます。

介護保険料は、いつから納めるの?

(1)65歳になられたかた

65歳に到達した日の属する月の分から

 65歳に到達した日とは、65歳の誕生日の前日です。(年齢計算に関する法律の規定により、誕生日の前日で加齢されます。)
 例えば、5月1日に誕生日のかたは、4月30日に到達となりますので、介護保険料を4月分から納めていただくようになります。
 64歳までの介護保険料は、加入している医療保険の保険料の一部として納めていました。65歳以上の方の介護保険料は、墨田区へ直接納める方法に切り替わります。

(2)65歳以上のかたで墨田区へ転入されたかた

転入された日の属する月の分から

介護保険料の納めかた

年金の受給額により納めかたが法律で決められています。
納めかたを個人で選ぶことはできません。

(1)受給している老齢・退職年金、遺族年金、障害年金が年額18万円以上のかた

 支給される年金からあらかじめ保険料を差し引く方法(=特別徴収といいます。)で保険料を納めていただきます。
 4月・6月・8月・10月・12月・2月の6回で納めます。
 ※老齢福祉年金、寡婦年金などは、差し引きの対象になりません。

 なお、65歳になられたばかりのかたや墨田区に転入されたばかりのかたなどは、年金が年額18万円以上でもすぐに年金から保険料が差し引かれません。はじめのおよそ半年間は、墨田区から送付する納付書で保険料を納めてください。

(2)受給している老齢・退職年金、遺族年金、障害年金が年額18万円未満のかた

 墨田区から送付する「納付書」や「口座振替」で納期限までに納める方法(=普通徴収といいます。)で納めてください。

納付書取り扱い場所

墨田区指定金融機関、墨田区収納代理金融機関、郵便局、コンビニエンスストア、MMK(マルチメディアキオスク)設置店、介護保険課、出張所

納付期限

毎月末日
ただし、12月分については翌年の1月4日(金融機関が休業日の場合は翌営業日)

●口座振替のお申し込み方法
 保険料を納付書でお納めいただいている方は、口座振替のお申し込みができます。毎月の納付の手間がなく、納め忘れの心配もない口座振替を、ぜひご利用ください。
 口座振替をお申し込みされる場合は、墨田区介護保険課資格・保険料担当(電話:03-5608-6937)へ手続きに必要な書類をご請求ください。

  1. 「口座振込依頼書」に必要事項を記入して金融機関の通帳印を捺印してください。(3枚ともすべて)
  2. 口座のある金融機関で、「口座振替依頼書」3枚全てを金融機関の窓口にご提出ください。
  3. 金融機関の窓口でお客様控えをもらってください。
  4. 口座振替依頼書を受付後、墨田区介護保険課から口座振替開始の通知をいたします。

介護保険料の減免制度

介護保険料を納めるのが困難な場合

 災害などの特別な事情により生活が著しく困窮し、保険料の納付が困難なときは、徴収猶予や減免を受けられる場合があります。

介護保険料の減額制度

 区では、世帯全員が住民税非課税で生活に困窮しているかたに対して、保険料の減額を行います。

対象者

 下記1から7までのすべてに該当されるかた

  1. 世帯全員が住民税非課税
  2. 本算定後の保険料所得段階が第2段階又は第3段階のかた
  3. 世帯の前年収入額合計が120万円以下のかた(以降、世帯人員が一人増えるごとに50万円を加算した額)
  4. 別世帯の住民税課税者に扶養をうけていないこと並びに生計を共にしていないこと
  5. 世帯全員の預貯金等の合計額が200万円以下であること
  6. 居住用以外の土地、建物を所有していないこと
  7. 今までに保険料(申請月の前月分まで)の滞納がないこと

減額内容

 第2段階又は第3段階保険料額を第1段階相当額に現年度保険料を減額します。
 ※申請月以前の減額は、できません。

申請方法

 減額申請される場合は、下記1及び2を持参して、受付窓口までおいでください。

【持参するもの】
  1. 印鑑
  2. ご本人や世帯全員の前年1月から現在までの収入が確認できるもの
    ※預貯金通帳、年金の源泉徴収表、給与明細など
    ※預貯金通帳は、前年1月以降の収支が記載されたものが必要です。
    ※通帳が複数ある場合は、すべてお持ちください。
【受付窓口】

 区役所4階 介護保険課 資格・保険料担当

【受付時間】

 午前8時30分から午後5時まで(土・日・祝日・年末年始を除く)

介護保険料を滞納すると

 介護保険サービスを利用するときは、介護サービス費用の1割から3割は利用者のかたが負担し、残りの9割から7割は介護保険で負担(給付)しますが、介護保険料を納めていない場合は、給付が制限されます。

1年以上滞納すると 〔償還払い〕

 ご本人が介護サービス費用の全額(10割)をいったんお支払いいただき、その後、保険給付分(9割から7割)を区に請求し、払い戻しをうけることとなります。

1年6ヵ月以上滞納すると 〔償還払いの差し止め〕

 保険給付分全部または一部の払い戻しが差し止められることとなります。さらに滞納が続くと、差し止めた額が滞納保険料に充てられることとなります。

2年以上滞納すると 〔利用者負担の引き上げ、高額介護サービス費の不支給〕

 保険料未納期間に応じて、利用者負担が3割または4割に引き上げられます。また、高額介護(介護予防)サービス費等を受けられなくなります。

※高額介護(介護予防)サービス費とは
 1か月間に払った、世帯の利用者負担(1割から3割負担)の合計額が利用者負担上限額を超えた場合、申請して認められると、超えた分を高額介護サービス費として申請者に支給するものです。

介護保険料を納めすぎた場合

 保険料額の変更等で介護保険料を納めすぎた場合は、後日還付又は、滞納分の保険料に充当いたします。その際は、別途お知らせいたします。

お問い合わせ

このページは介護保険課が担当しています。

本文ここまで