このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

すみだの夢応援助成事業

すみだの夢応援助成事業とは

 東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた地域活性化プロジェクトとして、「地域を盛り上げたい」「地域の困りごとを解決したい」「新しいことにチャレンジしたい」といった地域を元気にする活動(すみだの夢)を応援する制度です。
 決められた金額が交付される一般の助成金とは異なり、区が提供するクラウドファンディングの機会を活用し、そこで集めた寄付金が助成金として交付されるため、団体の働きかけによって助成額が変動する、特徴のある事業となっています。

事業の仕組み

1.助成団体

 助成対象として採択された団体は、ふるさと納税制度を活用したクラウドファンディングにチャレンジし、自らの目的や思いをPRして支援者を募ります。お礼の品として、事業に関連するオリジナルの物や体験を送るなど、団体による工夫の見せどころです。

2.寄付者

 活動に共感した場合、支援する事業を個別に指定して寄付することができます。
 寄付は、墨田区への「ふるさと納税」として扱われるため、自己負担2,000円を超える部分は税額控除を受けることができ、少しの自己負担で地域の活動を応援することができます。
 ※ふるさと納税について、詳しくは以下のページをご覧ください。
 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。よくわかる!ふるさと納税(総務省ふるさと納税ポータルサイト)(外部サイト)

3.区

 区でお預かりした寄付金は、その全額を、指定いただいた事業への助成金として交付します。クラウドファンディングにかかる手数料(掲載手数料及び決済手数料)は、団体に代わって区が負担するため、団体に金銭的負担は無く、集めた寄付額の100%を受け取ることができます。
 ※ただし、当初設定した目標額を超える寄付が集まった場合、超えた部分については手数料相当分(10%)を差し引いて交付します。

すみだの夢応援助成事業の仕組み図

すみだの夢応援助成事業の仕組み図(拡大)

事業の募集から助成金交付までの流れ

事業の募集から助成金交付までの流れの図

 上記は、全体のおおまかな流れを表したものです。
 応募できる事業及び団体の要件や、事業のスケジュール、提出書類など、詳細は募集要項をご確認ください。

お知らせ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで