このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

店舗販売業に関する手続き

更新日:2015年4月13日

 店舗販売業における各種申請・届出について説明します。

店舗販売業許可申請について

 店舗販売業の許可を受ける場合は、店舗ごとに保健所へ申請しなければなりません。
 構造設備や体制について基準がありますので、事前に施設の図面などをお持ちのうえ、保健所へご相談ください。
 詳しくは、「店舗 申請書の記載上の注意」をご覧ください。

(申請には押印が必要です。)

(法人の場合に限り、疎明書をもって診断書に代えることが可能です。)

(薬剤師・登録販売者が申請者に雇用されている場合に必要です。)


<その他添付書類等>

● 登記事項証明書(法人の場合)
● 法人の役員組織図又は業務分掌表(法人であって必要な場合)
● 資格証明書(薬剤師:免許証の写し及び本証、登録販売者:販売従事登録証の写し及び本証)
● 申請手数料(現金)

店舗販売業の許可を更新するとき

 許可の有効期間は6年間です。許可の有効期間終了日より1か月前までに更新の申請をしてください。
 詳しくは、「店舗 申請書の記載上の注意」をご覧ください。

(申請には押印が必要です。)


<その他添付書類等>

● 許可証(原本)を添付
● 申請手数料(現金)

許可申請内容を変更するとき(事前の届出)

 次の事項を変更する場合、事前に変更届の提出が必要です。
(1) 店舗の名称
(2) 相談時及び緊急時の電話番号その他連絡先
(3) 特定販売の実施の有無
※(4)〜(9)については、特定販売を行っている方のみ
(4) 特定販売を行う際に使用する通信手段
(5) 特定販売を行う医薬品の区分
(6) 特定販売を行う時間及び営業時間のうち特定販売のみを行う時間がある場合はその時間
(7) 特定販売の広告に正式名称と異なる名称を表示する場合はその名称
(8) 主たるホームページアドレス
(9) 特定販売のみを行う時間がある場合は、適切な監督に必要な設備の概要

 詳しくは、「店舗 変更届(事前)の記載上の注意」をご覧ください。

(届出には押印が必要です。)

許可申請内容を変更したとき(事後の届出) ・ 営業を廃止したとき

 次の事項を変更する場合、変更後30日以内に変更届の提出が必要です。
 また、営業を廃止、休止または再開したときは、30日以内に届け出てください。
(1)店舗販売業開設者の氏名(店舗販売業開設者が法人であるときは、その業務を行う役員の氏名を含む。)又は住所
(2)店舗販売業の構造設備の主要部分
(3)通常の営業日及び営業時間
(4)店舗販売業の管理者の氏名、住所又は週当たり勤務時間数
(5)店舗販売業の管理者以外の当該店舗販売業において薬事に関する実務に従事する薬剤師又は登録販売者の氏名又は週当たり勤務時間数
(6)当該店舗販売業において併せ行う医薬品の販売業その他の業務の種類
(7)当該店舗販売業において販売・授与する医薬品の区分(特定販売を行う医薬品の区分のみを変更した場合を除く。)

詳しくは、「店舗 変更届(事後)、休止・廃止・再開届の記載上の注意」をご覧ください。

(届出には押印が必要です。)

(届出には押印が必要です。)

● 廃止届には許可証(原本)を添付

申請窓口(問合せ先)

 墨田区保健所生活衛生課生活環境係(区役所5階)
 電話:03-5608-6939(直通)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは生活衛生課が担当しています。

本文ここまで