このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. 子育て・教育
  4. 地域教育支援事業
  5. 文化財の保護・普及
  6. 墨田区の文化財
  7. 新たに登録・指定した文化財の紹介
  8. 墨田区立言問小学校の校舎と講堂が国の登録文化財になります
本文ここから

墨田区立言問小学校の校舎と講堂が国の登録文化財になります

ページID:469185808

更新日:2022年11月22日

概要

令和4年11月18日に国の文化審議会が開催され、墨田区立言問小学校の校舎及び講堂を登録有形文化財(建造物)に登録するよう文部科学大臣に答申されました。
登録は答申後に行われる官報告示をもって正式決定となり、これにより墨田区に所在する国登録有形文化財(建造物)は今回登録の2件を含めて4件となる予定です。

言問小学校の特徴

昭和11年(1936)に建てられた花柳街で栄えた向島にある現役の近代学校建築です。
校舎は鉄筋コンクリート造3階建て、校庭側に開放的で大きな窓を並べ、街路側の昇降口は高窓になっています。階段から上下階を見通せるなど機能的で進歩的な造りです。
講堂は鉄骨トラスで大空間を確保し、太い鉄骨柱など、震災復興の影響を見ることができます。水平性を強調した連窓(れんそう)など、校舎も含めてインターナショナルスタイルの平明な意匠です。

校舎

講堂

文化庁報道発表

お問い合わせ

このページは地域教育支援課が担当しています。