このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. 産業・事業者向け
  4. すみだ産業情報ナビ
  5. ものづくり支援
  6. プロトタイプ実証実験支援事業
本文ここから

プロトタイプ実証実験支援事業

ページID:125958507

更新日:2022年8月5日

地域において、健康、環境、教育など様々な分野で抱える諸課題について解決策を持つ区内外のスタートアップ企業等と連携し、その企業が持つ製品やサービスを試作段階(プロトタイプ)から積極的に活用していくことで、地域課題の解決を図っていきます。

主な事業内容

課題の抽出・実証テーマの設定

区政現場等へのヒアリングを通じ、区政等の課題や地域課題を抽出し、実証実験の対象となるテーマを設定します。

実証テーマと解決策のマッチング

設定した実証テーマに対して解決策を持つスタートアップ企業等を募集し、審査の上、実証テーマと解決策のマッチングを行い、実証実験に向けた準備を進めます(募集時期については、事業スケジュールを参照してください)。

地域内での実証実験・効果検証

スタートアップ企業等の製品やサービスなどを実験的に導入し、効果検証することで、課題の解決を促します。

事業スケジュール(予定)

時期 内容
4月 課題テーマの設定(課題の抽出、課題テーマの設定)
4~7月 実証テーマの設定(ステークホルダー(利害関係者)の抽出・実証実験案の作成、ステークホルダーとの調整・実証テーマの設定)
8~9月 スタートアップ企業等の公募・選定(公募の実施、審査の実施・選定)
10~3月 実証実験の実施(実証実験プランの作成、実証実験の実施)

令和4年度の公募について

令和4年度に設定した各実証テーマについて、解決に資する提案をスタートアップ企業等から公募し、審査の上、今年度の実証実験内容を決定します。

令和4年度の実証内容

実証パターン

本事業では、以下の2パターンでの実証を行います。

パターン1:プロトタイプ導入パターン
パターン2:プロトタイプ開発・改良パターン

パターン1は、「スタートアップが有する既存のプロダクト・サービスの導入による実証事業」のことで、パターン2は、「スタートアップが区内ものづくり企業(製造・加工業)と連携し、既存のハードウェア・プロダクトの改良や、新たなハードウェア・プロダクトの開発を伴う実証事業」としています。

※墨田区では、「ものづくりのまち・すみだ」として、区内ものづくり企業との協業を促進し、スタートアップ企業と区内企業との協業ニーズを広く抽出する趣旨から、【パターン2:プロトタイプ開発・改良パターン】を重視しています。

実証テーマ

No. 課題テーマ 実証テーマ 所管
1 地域経済・産業の振興 デジタル化による区内中小企業の業務改革 産業振興課
2 防犯対策の強化 ヴァーチャル体験による高齢者の特殊詐欺被害防止 安全支援課
3 地域福祉の充実/健康寿命の延伸 健康促進サービスの活用による高齢者の健康増進

高齢者福祉課/保健計画課

4 脱炭素・循環型社会の実現 電力最適化ツールの活用による住宅における省エネの推進 環境保全課
5 脱炭素・循環型社会の実現 雨水の活用による資源の再利用の促進 環境保全課

実証件数

最大4件(実証内容は審査の上、決定する。)

応募資格

以下に掲げるすべての事項を満たす者
(1)中小企業基本法における中小企業者または小規模事業者に該当すること。
(2)実証実験の実施能力を有する事業者であること。
(3)本事業で実施する実証実験については、国や他自治体からの委託や助成を受けておらず、2023年3月31日までの間は受けない予定であること。
(4)地方自治法施行令(昭和26年政令第16号)第167条の4の規定に該当しない者であること。
(5)会社更生法(平成 14 年法律第 154 号)第 17条及び第 30 条の規定による更生手続き開始の申立てがなされている者でないこと。
(6)民事再生法(平成 11 年法律第 225 号)第 21 条の規定による再生手続き開始の申立てがなされている者でないこと。
(7)反社会的勢力またはそれに関わるものとの関与がないこと。
(8)応募主体者が他の企業との協業により実証実験を実施する場合には、連携企業も(2)~(7)の資格をすべて満たすこと。

応募方法

公募要領の15ページから17ページをご確認の上、各期日までに各種資料をご提出ください。提出先は、メールアドレス:innovation-sumida@tohmatsu.co.jpです(事業プロモーター:デロイトトーマツコンサルティング合同会社宛)。

参加申込(必須)

提出期限:令和4年8月10日(水)まで
参加申込後の辞退も可能ですので、応募の可能性がある場合は、参加申込をお願いします。
メールにて参加のご意向をお知らせください。

質問票の提出(任意)

提出期限:令和4年8月10日(水)まで
本事業及び公募に関して質問がある場合は、「質問票」をご提出ください。質問への回答は、すべての応募事業者に一括で電子メールにて回答します。なお、審査に関わる事項など、質問内容により回答しかねる場合がございますので、ご了承ください。

区への調整希望票の提出(任意)

提出期限:令和4年8月10日(水)まで
区内企業との協業や区内のステークホルダーとの調整、実証フィールドの活用など事前調整を希望する場合には、「区への調整希望票」をご提出ください。希望票の提出後、区及び事業プロモーターによるステークホルダーとの事前調整を行います。
なお、既に区内企業との協業を調整済の場合には、希望票の提出は必要ありません(応募申請書に調整済の企業名や協業方法の詳細をご記載ください)。

応募申請書等の提出(必須)

提出期限:令和4年8月26日(金)まで
実証への参画を希望される場合には、「応募申請書」を必ずご提出ください。また、補足資料(パワーポイント、パンフレット等を想定、提出任意)がある場合には、併せてご提出をお願いします。
なお、複数の実証テーマへの応募をご希望の場合は、実証テーマごとに書類をご提出ください。

スケジュール

項目 日程
参加申込 令和4年8月10日(水)17時まで
質問票提出 令和4年8月10日(水)17時まで
区内企業との調整希望票提出 令和4年8月10日(水)17時まで
応募資料提出 令和4年8月26日(金)17時まで
一次審査結果通知 令和4年9月中旬
二次審査(プレゼンテーション・質疑応答)

令和4年9月28日(水) 【予定】
※プレゼンテーションの実施方法等の詳細は、一時審査結果通知時にご連絡します。

結果通知 令和4年9月下旬

スタートアップ支援について(協力:TOKYO UPGRADE SQUARE)

条件を満たすスタートアップ企業については、公益財団法人東京都中小企業振興公社が運営する「TOKYO UPGRADE SQUARE」(行政課題を解決するスタートアップ企業との官民連携を促進するための施設)による提案内容のブラッシュアップ等の支援を受けることができます。

なお、相談申込から支援までにお時間がかかることがあります。そのためTOKYO UPGRADE SQUAREにご相談頂いても書類提出に間に合わない場合がありますので、ご了承ください。
 

提案内容のブラッシュアップ支援対象:以下の条件を全て満たすスタートアップ

(1)法人登記をしている
(2)創業後及び第二創業後10年未満
(3)東京都内に事業所を持つ
(4)プロダクトローンチ済み(またはその直前)


詳しくは、TOKYO UPGRADE SQUAREホームページをご覧ください。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。TOKYO UPGRADE SQUARE(外部サイト)
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。TOKYO UPGRADE SQUARE墨田区特設ページ(外部サイト)
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。TOKYO UPGRADE SQUAREイベント(墨田区内にてプロトタイプ実証実験事業を実施します!事業説明と質疑応答  ~墨田区×セラピアの事例を踏まえて~)(イベント終了)(外部サイト)

公募に関する問い合わせ・資料提出先

事業プロモーター:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。デロイトトーマツコンサルティング合同会社(外部サイト)(「プロトタイプ実証実験支援事業」受託事業者、所管:産業観光部産業振興課)
メールアドレス:innovation-sumida@tohmatsu.co.jp

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader(新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは産業振興課が担当しています。