このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

クリーニング所に関する手続き

更新日:2010年9月30日

 クリーニング所における各種届出について説明します。

クリーニング所の開設手続きについて

 クリーニング所を開設する場合は、開設の届出を行い、確認検査を受ける必要があります。 
 届出用紙等は窓口に備え付けています。構造設備等の基準がありますので、事前に施設の図面などをお持ちのうえ、保健所へご相談ください。

 また、コインランドリー、コインシャワー施設を開設する場合は、事前に開設の届出を行う必要があります。届出用紙は窓口に備え付けています。詳しくはお問い合わせください。

届出内容が変わったとき

 施設の名称、開設者の住所又は氏名、法人の代表者、クリーニング師等を変更した場合は、必要書類を添えて届け出てください。
 構造設備の変更に関しては、事前に保健所にご相談ください。

  • クリーニング師免許証(本証。クリーニング師の変更の場合。)

施設を廃止したとき

 施設を廃止した場合(名義変更、増改築に伴う場合も含みます)は、すみやかに届け出てください。

(届出には押印が必要です)

承継届について

 届出をしていた開設者(個人)が死亡し、その相続人が開設者の地位を承継した場合、遅滞無く(原則60日以内)届け出なければなりません。
 法人の合併または分割により開設者の地位を承継した場合、遅滞無く(原則60日以内)届け出なければなりません。
 届出用紙は窓口に備え付けています。詳しくはお問い合わせください。

クリーニング師研修・従事者講習 について

 クリーニング所の業務に従事するクリーニング師は、業務に従事した後1年以内に、資質の向上を図るための研修を受けなければなりません。その後、3年を超えない期間ごとに研修を受ける必要があります。
 クリーニング所の営業者は、クリーニング所の開設後1年以内に、業務従事者数の5分の1以上の人に、業務に関する知識の修得及び技能の向上を図るための講習を受けさせなければなりません。その後、3年を超えない期間ごとに講習を受ける必要があります。
 クリーニング師研修・従事者講習は、厚生労働大臣の定める基準に従い、都道府県知事が指定します。詳細については、財団法人東京都生活衛生営業指導センターへお問い合わせください。

申請窓口(問合せ先)

 墨田区保健所生活衛生課生活環境係(区役所5階)
 電話:03-5608-6939(直通)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは生活衛生課が担当しています。

本文ここまで