このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. 健康・福祉
  4. 衛生
  5. 環境衛生
  6. 民泊(宿泊営業)は、旅館業法または住宅宿泊事業法に該当します
本文ここから

民泊(宿泊営業)は、旅館業法または住宅宿泊事業法に該当します

ページID:896864254

更新日:2020年10月15日

民泊とは、住宅等を利用して人を宿泊させるサービスです

 民泊については、住宅宿泊事業法が施行され、平成30年6月15日から営業開始となりましたが、宿泊日数が年間180日を超える場合は旅館業法の許可が必要です。

※なお、墨田区では国家戦略特区の民泊(外国人滞在施設経営事業)の認定は現時点ではおこなっていません。

墨田区内で旅館業法第3条、及び住宅宿泊事業法に基づく許可・届出のある施設の一覧です。
※注釈1:掲載されている情報は、記載されている日現在までに、保健所へ届出等のあった内容です。
※注釈2:すでに廃業している施設も含まれる場合があります。
※注釈3:営業者が個人の場合、営業者住所は個人情報保護の観点から公開しておりません。

以下のような相談・問合せは保健所生活衛生課まで

  • 空家を有効活用したい
  • 毎年増加する外国人観光客の受け皿になりたい
  • 観光客を増やして地域経済の活性化に役立ちたい
  • ホテル・旅館または住宅宿泊事業ではないのに人を宿泊させている施設がある

問合せ先

墨田区保健所生活衛生課 生活環境係
電話:03-5608-6939

関連リンク

【参考】民泊サービスと旅館業法に関するQ&A|厚生労働省ホームページ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader(新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは生活衛生課が担当しています。