このページの先頭です
このページの本文へ移動
本文ここから

サルコシスティス・フェアリー

ページID:272762863

更新日:2013年3月11日

原因食品

馬刺しなど馬肉を生で食べることで発生しています。

特徴

 サルコシスティス・フェアリーは犬と馬に寄生する寄生虫(原虫)です。人には寄生しませんが、寄生した馬肉を食べることによって食中毒が起こります。

症状

症状

主に一過性の下痢、おう吐、腹痛などの消化器症状が起きます。症状は軽度で、速やかに回復します。

発症までの時間

数時間程度
※現時点では、どのくらいの量を食べると症状を示すのか、明らかになっていません。

予防のポイント

サルコシスティス・フェアリーは加熱または冷凍により死滅するので、中心部まで加熱するか、-20℃で48時間以上冷凍しましょう。
(国内で流通する多くの生食用馬肉は、生産地で冷凍してから出荷するなどの対策がとられています。)
※サルコシスティス・フェアリーによる食中毒の詳細は、下記のホームページを参照してください。

お問い合わせ

このページは生活衛生課が担当しています。