このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. 墨田区議会
  4. その他議会の活動
  5. 決議・声明・要望等
  6. 【令和3年1月18日】新型コロナウイルス感染症対策に関する要望書(その2)を提出しました
本文ここから

【令和3年1月18日】新型コロナウイルス感染症対策に関する要望書(その2)を提出しました

ページID:899610614

更新日:2021年3月15日

 令和3年1月18日、墨田区議会は、新型コロナウイルス感染症の感染急拡大に伴う政府の緊急事態宣言の発令を受け、区民生活等への更なる影響が懸念され、より一層のきめ細かな対応が求められることから、区民の生命、健康、暮らしを守るため、万全な対策を講ずるよう、区長及び教育長に対し2回目となる要望書を提出しました。これに対し、令和3年3月15日、区から回答がありました。
 今後も、区との連携強化を図り、感染症対策に取り組んでまいります。

新型コロナウイルス感染症対策に関する要望書(その2)提出のようす

【区議会からの要望事項】
1 児童館、子育てひろば、図書館、集会所、スポーツ施設、すみだボランティアセンター等の公共施設については、感染防止対策を万全に講じた上で、居場所確保や健康維持、情報収集などといった観点から開館の継続に努めること。
2 高齢者や乳幼児をはじめとして、福祉施設や区民施設、学校などでの感染防止策を強化するとともに、現場の負担軽減を図ること。
3 利用可能な公共施設や公園等については、感染対策を行った上であれば利用することに差し支えない旨の周知を図ること。
4 新型コロナウイルス感染症に関する支援制度について、区報、区公式ホームページ、ポスター、SNSなどを活用して幅広く区民に周知し、併せて多言語での相談案内を行うこと。また、行政サービスマップについても必要に応じアップデートを行うこと。
5 外出自粛を求めるに当たり、オンライン及び電話による各種相談及び申請体制を整備すること。
6 再度の緊急事態宣言の発令やコロナ禍の長期化を見据え、次年度に向け組織体制の適切な見直し・強化を検討すること。
7 生活困窮者、ドメスティック・バイオレンス等の相談・支援体制を強化すること。
8 新型コロナウイルス感染症の拡大による離職等により家賃の支払が困難な区民に対し、住居確保給付金等の支援制度を引き続き広く周知するとともに、区民の暮らしを守る対策を講じること。
9 通所介護事業所については、利用の自粛が想定され、その経営基盤に大きな懸念を有することから、融資の斡旋や補助金制度の周知等を含め、できる限りの対応を行うこと。
10 高齢者施設等におけるオンライン面会の実施支援について検討すること。
11 介護等が必要な重度障害者(児)及び高齢者並びに当該要介護者を介護する家族が新型コロナウイルス感染症に感染した場合、在宅でのホームヘルプサービスや居場所確保など、適切な支援を受けられるようにすること。
12 病院等で医療崩壊を起こさせないための対策強化を行うよう、国や東京都に求めること。また、区としても医療機関に適宜、必要な支援を行うこと。
13 区のPCR検査センターについて、設置期間の延長及び体制強化を検討すること。
14 ワクチン接種のシミュレーションを着実に行い、円滑に執行できるよう努めること。
15 保健所をはじめ、長期間にわたり激務に追われている職員の負担軽減を図ること。
16 区内事業者を守るため、実態調査を行うとともに、国や東京都の補助制度等を活用し必要な支援策を検討すること。
17 各種給付金、協力金等の申請に当たり、必要に応じて士業等専門家を活用し、申請相談や手続代行、費用の補助などの支援を行うこと。
18 東京都と連携し、中小企業のテレワークに関する補助事業の周知や支援を行うこと。
19 飲食店に対し、テイクアウト、デリバリー制度の活用支援等、経営を維持することのできる支援を行うこと。
20 キャッシュレス決済促進・ポイント還元事業の実施に当たっては、墨田区商店街連合会と協力しながら十分に活用されるよう周知徹底に努め、着実な事業執行を行うとともに、ITリテラシーが十分でない高齢者やスマートフォンを所持していない方への支援についても検討すること。
21 今回、会場開催が中止となった成人を祝うつどいについては、新型コロナウイルス感染症が収束した後に、改めて新成人が交流することのできる機会を検討すること。
22 PCR検査やワクチン接種等に関する保健所や区の職員をかたる特殊詐欺も発生しており、区民が被害に遭わないような啓発に努めること。
23 幼稚園、保育園、小中学校、学童クラブについては、重要な社会インフラであり、社会経済を支えるため、さらには子どもの学習権の保障に鑑み、一律の自粛要請は行わず、基本的には通常どおりの運営を行うこと。
24 保育園において新型コロナウイルス感染症対策として特別な措置を行う場合、公立と私立、また私立間で統一した行動ができるように、区から十分に指導すること。
25 治癒後も含めた登園・登校時の対応のため、濃厚接触者の定義や、陽性者の退院・自宅療養等の解除基準など、幼稚園、保育園、小中学校で共通認識が図られるように、保健所等から必要な情報提供を行うこと。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader(新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは区議会事務局が担当しています。

決議・声明・要望等

注目情報