このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. 子育て・教育
  4. 子育て応援サイト
  5. 相談窓口
  6. あなたを必要としている子どもがいます ー里親制度ー
本文ここから

あなたを必要としている子どもがいます ー里親制度ー

ページID:184596686

更新日:2020年8月11日

里親制度とは

 里親制度とは、様々な事情により家庭での養育が困難な0歳から18歳の子どもを実父母の代わりに家庭で育てる制度です。
 現在、都内では親元で暮らすことのできない子どもが約4,000人います。このような子どもたちが家庭という居場所で過ごし、信頼できる特定の大人と愛着関係を築きながら成長できるよう、墨田区では東京都と連携して里親制度を推進しています。

里親制度の種類

養育家庭(里親)
(ほっとファミリー)

一定期間子どもを預かり育てる里親です。実親の状況により途中で元の家庭に戻ることもあります。短期間のみ子どもを預かる家庭もあります。
養子縁組里親

養子縁組によって養親となることを希望する家庭です。特別養子縁組が成立するまでの間、里親として子どもを育てます。

専門養育家庭

専門的ケアを必要とする子どもを一定期間預かり育てる里親です。一定の要件を満たし、定められた研修を受ける必要があります。

親族里親

両親が死亡、行方不明、長期入院などにより子どもを養育できない場合に、祖父母等の親族が里親となりその子どもを育てる家庭です。


里親制度の他に下記のような制度もあります。

「フレンドホーム」

フレンドホームは児童養護施設や乳児院にいる子どもを週末や夏休み等に数日間家庭で預かる制度です。フレンドホームの申し込みは各施設になります。

「墨田区協力家庭制度」

協力家庭制度は子どもショートステイ事業の1つとして、2歳から中学3年生までの墨田区在住の子どもを預かる制度です。詳しくは下記のリンクをご覧ください。相談・申請窓口は子育て支援総合センターになります。

里親になるには

要件

  1. 子どもの養育について理解と熱意、豊かな愛情を持っていること
  2. 都内在住の夫婦で健康なこと
  3. 経済的に困窮していないこと、かつ、原則として世帯の収入が生活保護基準を上回っていること
  4. 住居が家族の構成に応じた適切な環境であること
  5. 申込みの動機が子どもの最善の福祉を目的としていること

※その他、認定基準あり
※子どもの委託中は養育費が支払われます。

手続き

まずは江東児童相談所(電話:03-3640-5432)にご相談ください。研修の受講、訪問調査等を経て、里親の認定・登録が行われます。養育家庭(里親)・養子縁組里親に認定後は、児童相談所から子どもを紹介されます。

もっと詳しく知りたい

東京都福祉保健局のホームページに里親になるための要件や手続きが詳しく掲載されています。

Tokyo里親ナビでは、里親へのインタビュー記事等を掲載しております。

里親月間

 毎年10月と11月は里親月間です。この時期には各地で里親体験発表会やパネル展示などのイベントが開催されます。
 墨田区でも例年、里親体験発表会を開催しております。令和2年度のイベントについては、詳細が決まりましたらホームページ等でお知らせしますので、ぜひご参加ください。

お問い合わせ

このページは子育て政策課が担当しています。