このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

食品ロス

食品ロスとは、本来食べられるにも関わらず捨てられてしまう食べ物のことです。
現在、日本では年間約643万トン(平成28年度推計)の食品ロスが発生しています。食品ロスを国民1人当たりに換算すると、お茶碗1杯分(約139グラム)の食べ物が毎日捨てられていることになります。
「もったいない!」と思いませんか?大切な資源の有効活用や環境負荷への配慮から、食品ロスを減らすことが大切です。

  • 食品ロスの削減に関する理解と関心を深めるため、10月は「食品ロス削減月間」、10月30日は「食品ロス削減の日」に定められました。

どうして食品ロスが発生するのか?

食品ロスには大きく分けて「家庭から出るもの」(291万トン)と「事業者から出るもの」(352万トン)の2通りがあります。年間643万トンの食品ロスのうち、約半分は家庭から出されたものになります。

家庭から出る食品ロス

家庭で発生する食品ロスは、大きく3つに分類されます。

  • 食卓にのぼった食品で、食べ切られずに廃棄されたもの(食べ残し)
  • 賞味期限や消費期限が過ぎてしまい、使用・提供されず、手つかずのまま廃棄されたもの(直接廃棄)
  • 野菜の皮をむくなど、食べられない部分を除去する際に、食べられる部分まで過剰に除去されたもの(過剰除去)

食品ロスを減らすための家庭での取り組み

買い物をするとき

  • 買い物の前に冷蔵庫の中を確認しましょう。
  • 計画的に買い物をすることで、食材を必要以上に買いすぎないようにしましょう。
  • すぐに食べるものは、賞味期限や消費期限の長いものを選ぶのではなく、陳列順に購入しましょう。

消費期限賞味期限の違いを知ることも大切です

消費期限は、品質の劣化が早い食品に表示されています。余らせて捨てることのないよう、期限内に食べきるようにしましょう。
賞味期限は、品質の劣化が比較的遅い食品に表示されており、期限を過ぎてもすぐに食べられなくなるわけではありません。
この二つの違いをよく理解し、無駄に食材を捨てることのないようにしましょう。

調理するとき

食べられる分だけ作り、食べ残しをなくすようにしましょう。

外食するとき

食べきれる分を注文するよう心がけましょう。

3010(さんまるいちまる)運動

宴会では食べ残しが多く発生します。
宴会の開始後30分間、終了前10分間は自分の席で料理を楽しみ、食べ残しをなくすようにしましょう。

墨田区の取り組み

食べきり推奨店

墨田区では、食べ残し等、食品ロスの削減に取り組む店舗等を「墨田区食べきり推奨店」として登録し、その取組を広く周知する「墨田区食べきり推奨店登録事業」を実施しています。
この取組に賛同し、協力いただける事業者の方は、食べきり推奨店への登録をお願いします。
※食べきり推奨店の登録店については、墨田区公式ホームページで取組内容などを紹介しています。

登録要件

以下の取組項目のうち、1つ以上を実践している事業者

  1. ごはん、料理等の量その他食材の調節に対応
  2. 食べ残しを削減するための働きかけ
  3. ばら売り、量り売り等による食料品の提供
  4. 閉店時間、賞味期限間近等による割引販売
  5. 食べ残し等の削減に向けた啓発活動の実施
  6. 食品リサイクルの実施
  7. その他食べ残し等の削減に向けた取組

登録方法

登録申請書を記入し、すみだ清掃事務所分室まで郵送、ファックスまたは持参により提出してください。
登録要件を満たす事業者へは、認定書と認定ステッカーを送付します。

  • 提出先 すみだ清掃事務所分室 〒131-0032東向島5-9-11 ファックス:3613-2350

※登録済み店舗で登録内容に変更があった場合、第2号様式を提出してください。

フードドライブ

フードドライブとは、家庭で余っている食品を持ち寄り、それらを福祉団体や施設、フードバンクなどに寄付する活動のことです。
墨田区では、月2回フードドライブを実施しており、集まった食品はフードバンクを通じて、それらを必要とする方々の支援に活用されています。
ご家庭で余っている食品がありましたら、是非お持ち寄りください。

お持ちいただきたい食品

  • お米(白米)
  • インスタント・レトルト食品
  • コーヒーなどの嗜好品
  • 醤油・みそなどの調味料
  • 肉・魚・果物などの缶詰
  • パスタなどの乾麺類  など

受け取れない食品

  • 賞味期限の表示がないもの、賞味期限が1か月未満のもの
  • 包装や外装が破損しているもの、開封済みのもの
  • 冷凍食品など常温保存できないもの
  • 生鮮食品、アルコール類
本文ここまで