このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

議会改革

墨田区議会 議会改革のあゆみ

 墨田区議会では、平成19年8月に「議会のあり方検討会」を設置し、議会運営に関する課題について検討したことを契機に、議会改革に関する検討や様々な取組が行われるようになりました。
 平成25年3月には「議会改革検討委員会」を設置し、傍聴環境の改善や委員会のライブ映像の配信を開始するなど、積極的に議会改革を推し進めました。そのような中、議会及び議員の活動規範や基本ルールを定める議会基本条例制定への機運が高まっていました。
 平成29年5月、議会改革特別委員会が設置され、議会基本条例制定に向けて本格的な検討が始まりました。議会改革特別委員会は、設置以降、約1年半の間に15回の特別委員会、22回の運営協議会を開会し、条文の検討や逐条解説の作成、条例制定後の課題の整理などに精力的に取り組み、また、本区議会として初の「休日・夜間における議事堂以外での委員会開会」や「パブリック・コメントの実施」を実現しました。
 これらを経て、平成30年12月11日の本会議において墨田区議会基本条例を全会一致で可決しました。ここに至るまでの取組については、早稲田大学マニュフェスト研究所による議会改革度調査2018ランキングにおいて東京23区中1位となるなど、高く評価されています。
 平成31年4月の区議会議員選挙により新たな議会構成となりましたが、議会が果たすべき役割を最大限発揮するため通年議会制を導入するなど、議会改革は今も前進を続けています。

第19期(令和元年5月から)の取組

第18期後半期(平成29年5月から令和元年5月まで)の取組

第18期前半期(平成27年5月から平成29年5月まで)の取組

第17期(平成23年5月から平成27年5月まで)の取組

第16期(平成19年5月から平成23年5月まで)の取組

議会のパブリック・コメント

 墨田区議会では、議員提案による政策条例を提案する際などに区民の皆さんの声を反映するため、必要に応じてパブリック・コメントを実施しています。

議員研修会

 議会審議の参考とすることをはじめ、議員の資質向上や議会活動の活性化を図るため、平成26年から継続して実施しています。

本文ここまで