このページの先頭です
このページの本文へ移動
本文ここから

羽子板資料館・羽子板の鴻月・西山鴻月

ページID:450412590

更新日:2021年3月9日

小さな博物館 羽子板資料館

明治初期から昭和初期に作られた羽子板や、昔から各地に伝えられてきた素朴な郷土羽子板の複製品など50点余りが展示されています。「伝統の技法に工夫を加え、現代の羽子板を作りたい」という館長の西山さんはすみだマイスターにも認定され、オリジナルの羽子板を製作しています。たずねれば製造工程をわかりやすく説明してくれます。

工房ショップ 羽子板の鴻月

押絵羽子板の面相(顔)と押絵を一貫して一人で作り、すみだマイスターにも認定されている西山さんが製作したオリジナルの羽子板を販売しています。羽子板の説明を聞くことができます。

すみだマイスター 西山鴻月

女の子のお祝い品としての羽子板を作成しているほか、江戸時代と同じコンセプトで、歌舞伎の舞台をリアルタイムで押絵羽子板に再現しています。衣装など、 細部に至るまでこだわるとともに、羽子板に描く主役だけではなく、その脇に控える役者の顔が見えるように心がけています。「美しい気持ちで作らないと、美し いものは作れない」との信念のもと、羽子板作りに励んでいます。

詳細

【展示内容】昭和初期の羽子板等
【技術名称・製造販売品】押絵羽子板
【住所】墨田区向島五丁目43番25号
    5-43-25 ,Mukojima,Sumida-ku,Tokyo,Japan
【最寄駅】東武スカイツリーライン曳舟駅 12分
【バス】向島五丁目 3分
【開館日・営業日】月曜日から土曜日(博物館は木曜、金曜、土曜に開館、11月上旬から翌1下旬まで休館)
【開館時間・営業時間】午前10時から午後5時まで
【電話番号】03-3623-1305
【代表者】西山 鴻月
【運営団体】羽子板の鴻月

お問い合わせ

このページは産業振興課が担当しています。