このページの先頭です
このページの本文へ移動
本文ここから

漆工博物館・安宅信太郎

ページID:709639641

更新日:2021年3月9日

小さな博物館 漆工博物館

漆塗りは長い年月を経てもその重厚な艶や優美さを失わない、日本が世界に誇る技術です。 漆工博物館では、江戸時代から現代までの漆塗りの品々、製作道具、材料、製作工程やこれまで手掛けた修理・修復の写真等を展示しています。館内は、壁を木地呂漆塗りで施し、落ち着いた空間を醸し出しています。

すみだマイスター 安宅信太郎

漆工店の2代目。漆本来の深みのある艶や優雅さを作り出します。これからも「古き伝統を新しき時代に生かす」との思いで、和・洋の世界に漆塗りの良さを伝えていきます。また、修理修繕も受け付けています。

詳細

【技術名称・展示内容】建築漆工・漆塗りの品、製作道具、材料など
【住所】墨田区向島三丁目38番10号
    3-38-10 ,Mukojima,Sumida-ku,Tokyo,Japan
【最寄駅】都営浅草線・京成押上線・東京メトロ半蔵門線 押上駅5分
【バス】向島三 3分
【開館日】月曜日から土曜日(祝祭日を除く) <要予約>
【開館時間】午前10時から午後4時まで
【電話番号】03-3622-1582
【体験】体験可(要予約)
【代表者】安宅信太郎
【運営団体】安宅漆工店

お問い合わせ

このページは産業振興課が担当しています。